サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BMW、先進運転支援システムなどの後付けを可能に…最新デジタルサービス導入

ここから本文です

BMWグループ(BMW Group)は11月7日、「BMW コネクテッド・ドライブ・ストア」に最新のデジタルサービスを導入し、先進運転支援システム(ADAS)などの後付けを可能にした、と発表した。

ドイツ本国では2019年8月から、ハイビームアシスタント、アクティブクルーズコントロール(ACC)、ストップ&ゴー機能付きの車間距離アシスタント、スタート/ストップ、BMWドライブレコーダーを、後付けで車両に装着することが可能になった。

例えば、BMWドライブレコーダーは、車載カメラを使用して、車両の周囲のビデオ映像を記録する。