サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「親の介護」に使えるクルマは?「コミコミ100万円」で買える中古ミニバン4選

ここから本文です

「親の介護」に使えるクルマは?「コミコミ100万円」で買える中古ミニバン4選

大切な親の介護で出費がかさむなかで選ぶべき中古ミニバンとは

 親の介護や、高齢の親の健康増進、病院通いに使うにはどんなクルマが適切だろうか。福祉車両を別にすれば、ミニバンがひとつの答えになる。とくに2世代家族にとっては3列シート、6~8人乗りのミニバンが適切だ。ここでは、親の介護や高齢の親を取り巻く出費を考慮して、高齢者を安心して乗せられるミニバンの条件、そしてコミコミ100万円で購入できる中古車を紹介したい。

気がつけば3000万円オーバー? あの時買っておけばよかった平成国産中古スポーツカー5選

考慮すべきは足腰の弱い高齢者に優しい乗降性の良さ

 まず、足腰が弱くなってきた高齢者にとってクルマの乗り降りは大変な作業だ。では、どんな条件を満たせば後席にアクセスしやすくなるかと言えば、やはりスライドドアミニバンに限られる。理由はスライドドア部分のステップが低いうえに段差がなく、背を大きくかがめずも、適切な位置にグリップなどがあり、さらに意外に気づかない点として、後席フロアからシート前端までの高さ(=ヒール段差)があるシートレイアウトを持つクルマがいい。 詳しく説明すれば、背高ミニバンであれば全高に余裕があり、当然スライドドア部分の高さ(間口)も十分にあり、大きく背をかがめずに乗り込むことができるのだが、ステップ位置が高いと足の持ち上げ量が大きくなり、乗り降りしにくくなってしまう。 かつてのFRミニバンにその傾向があり地上45~50cmなんていうのもあった。ちなみに、高齢者の乗降にも配慮したノンステップバスの車高を下げた時のステップ高は約30cmである。

低床でありながら十分なシート高が確保されていることがポイント

 では、フロアに対してシートが高めにセットされていることが、なぜ足腰が弱った高齢者に最適かと言えば「着座性」、「立ち上がり性」に優れるから。健常な人でもローソファに座るには腰の移動量が大きく、また立ち上がる際はどこかに手をつかなければ立ち上がれないはずだ。

 しかし、ダイニングチェアのように座面が高い椅子なら「座る」、「立ち上がる」のどちらの方向でも容易なはずである。つまりフロアに対するシート位置は、腰の移動量の少ない高めのポジションがポイントとなるのだ。ここからはオススメモデルを紹介していきたい!

オススメミニバンその1/スライドドア開口部の高さとヒール段差に優れる

【トヨタ・ノア&ヴォクシー(R70型)】

 そんな条件に合致する、予算コミコミ100万円のミニバンと言えば、先代型となる2007~2014年に発売されていたR70型のノア&ヴォクシーだ。スライドドア部分の開口部は高さ1315mm、幅730mmで、当時のMクラスボックス型ミニバンでは、開口部とくに高さ方向にもっとも余裕があったのである(セレナ1300mm、ステップワゴン1175mm)。 段差のないステップ高は地上360mmと現行型のノア&ヴォクシーと変わらず、もちろんBピラーにアシストグリップが完備する。

 2列目席のヒール段差も高めの約350mmという具合だから、条件としては文句なし。探せば後期型かつ10年落ち未満の2012年モデルが手に入る。中古車の台数もノア&ヴォクシーのどちらかに限定しなければタマ数は多く、探しやすいだろう。ちなみにセレナより走行距離が少ないタマが多いのも特徴だ。

オススメミニバンその2/高年式でも中古車価格がこなれていてタマ数も豊富

【日産セレナ(C26型)】

 そのセレナもC26型と呼ばれる、2010年から2016年まで製造された先代モデルが候補に挙がる。スライドドアの開口部は高さ1305mm、幅790mm。ステップの地上高は385mmだが、じつはそこからもう1段、地上465mmのところにフロアがある。

 つまり、階段を2段上がるような乗車性になってしまう。ヒール段差は345mmとまずまずの高さで、フロアに足を運んでしまえば着座、立ち上がり性ともに悪くはない。年式的には2014年あたりを上限として選べるから、ノア&ヴォクシーより比較的新しいというメリットがある。 ただし、すでに述べたように、何故か走行距離が伸びたタマが多い。それでもさすがに人気ミニバンだけに中古車のタマ数は多く、探せば6~7万km走行の個体もありそうだ。

オススメミニバンその3/走りの良さが抜群に高く乗降性&着座性は及第点以上

【ホンダ・ステップワゴン(RK型)】

 同じMクラスボックス型ミニバンとしてステップワゴンも選びやすい。狙いは4代目モデルの2009年~2015年まで製造されたRK型で、この時代のこのクラスではもっとも走りが良かったのがステップワゴンでもある。 コミコミ100万円では、2012年式が中心となるものの人気だったエアロ仕様のスパーダも探せば見つかるはず。なかには走行距離は多めになるものの、熟成された最後期型の2014年式も存在する。 スライドドア部分の開口部は高さ1230mm、幅700mmと開口部の高さ、広さではノア&ヴォクシーやセレナに譲るものの、ステップ高は390mmと低く、セレナと違い、乗り降りしやすいワンステップフロアであるのが魅力である。

 ちなみにBピラーのアシストグリップは、3代目モデルに対して地上1160mmから1050mmに低められているため、背の低い親でもより握りやすくなっている。

オススメミニバンその4/ユニバーサルデザインを謳うコンパクトミニバン

【トヨタ・シエンタ(P170型)】

「いやいやスライドドア部分のステップ高がさらに低いほうが、うちの親には良さそうだ」というなら、シエンタだろう。何しろ「ユニバーサル」なデザインが売りなのである。XP17型の現行モデルの初期型、2016年モデルがラクラク手に入るのだ。

 Mクラスボックス型ミニバンより街乗り需要が高いせいか、走行距離も少なめのタマが多く、さすがに新しいのでETC、リヤカメラ付きの中古車も少なくない。探せば走行3万kmぐらいのも発見できそうだ。

 そして、何と言っても、スライドドア部分のステップ高が地上345mmと低いのが魅力。さすがにボックス型ミニバンではないので、スライドドア部分の開口部は高さ1135mm、幅670mmとそれほど広くはないものの、足の運びやすさでは文句なしだろう。

コンパクトミニバンのフリードや不人気のマツダもリーズナブルに狙える!

 このほか、先代ホンダ・フリード、そしてタマ数が多く相場も安めですでに絶版モデルのマツダ・ビアンテ、3代目マツダMPVも候補に挙がってくるだろう。 いずれにしても、現時点の親のコンディションではなく、この先を考えて、乗り降りがしやすく、着座、立ち上がり性の面でもぴったりの1台をリーズナブルに探してほしい。両側スライドドア車は、自身の親の介護の経験からも、絶対条件と思える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら