サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダの初代ロードスター(NA型)が「2019日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定! 2003年のコスモスポーツに続く二度目

ここから本文です

マツダの初代ロードスター(NA型)が「2019日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定! 2003年のコスモスポーツに続く二度目

マツダの初代ロードスター(NA型)が「2019日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定!  2003年のコスモスポーツに続く二度目

マツダはこのほど、初代ロードスターである「ユーノス ロードスター」が「日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定されたことを発表した。マツダ車が「日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定されたのは、2003年のコスモスポーツに続く2回目となる。

現行の四代目まで変わらないコンセプトなどが評価

まだ間に合う!「加齢は止めることはできないが、遅らせることはできる」SUBARUスローエイジングドライビング・12月1日開催!

 「日本自動車殿堂 歴史遺産車」とは、日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車を選定し、日本自動車殿堂に登録し、永く伝承するもの。このたびの選定にあたり、「四代にわたって変わらないコンセプト」、「累計生産台数100万台を超え、世界記録を更新し続けている」、「魅力的なスタイリング、クルマを操る楽しさを提供し、日本の技術水準の高さを世界に知らしめた」ことが評価された。表彰式は11月15日(金)に学士会館(東京都千代田区)にて行われる。

 ロードスターは1989年の初代発売以来30年にわたり、人馬一体の走りがもたらすライトウェイトスポーツカー特有の"Fun(楽しさ)"を一貫して提供し続けている。国や文化、世代を超えた多くのユーザーから支持を獲得し、これまでの累計生産台数は100万台を超えた。

 また、日本だけでなく「2人乗り小型オープンスポーツカー」生産累計世界一のギネス世界記録をはじめ、世界の国々でも200を超える賞を受賞。2015年に発表した4代目ロードスターは、「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」、2016年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞するなど、高い評価を受けている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します