サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「ワンガンブルーにチタンテール?」 R35GT-Rの2020年モデルは走り屋大好き仕様だった件

ここから本文です

ぶっちゃけ2020年モデルは機能面の進化はほぼ無いに等しい

GT-R NISMOはついにカーボンルーフ化

「ワンガンブルーにチタンテール?」 R35GT-Rの2020年モデルは走り屋大好き仕様だった件

2019年4月17日に発表されたR35GT-Rの2020年仕様。2007年に発売され、度重なる年次改良が加えられてきたGT-Rは、シャシーまで手が加えられた2018年モデルで熟成の領域に達したとされていた。

しかし、2019年は初代(第一世代)ハコスカGT-Rの登場から数えて50周年にあたる年。国産最高峰のスポーツモデルとしてのさらなる進化は絶対条件だったのだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ