サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランボルギーニ、『エッセンサ SCV12』発表…830馬力ハイパーカーはサーキット専用

ここから本文です
ランボルギーニは7月29日、サーキット専用の新型ハイパーカー、『エッセンサSCV12』(Lamborghini Essenza SCV12)をデジタルワールドプレミアした。

エッセンサSCV12は、ランボルギーニのモータースポーツ部門の「スクアドラ・コルセ」によって開発され、ランボルギーニのデザイン部門の「チェントロスティーレ」がデザインを手がけた。世界限定40台を生産する計画だ。ランボルギーニによると、エッセンサSCV12は、『ミウラ・イオタ』や『ディアブロGTR』などのDNAを受け継ぐモデルになるという。

おすすめのニュース

サイトトップへ