サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 世界アンチドーピング協会、ハースF1新車の”ロシア国旗風”カラーリングを調査へ

ここから本文です
 ハースF1チームは、3月4日に2021年シーズンを戦う新車『VF-21』のカラーリングを発表。ロシアの化学企業であるウラルカリがタイトルスポンサーに就任したことに伴い、ロシア国旗を彷彿とさせる赤、白、青のデザインとなった。世界アンチドーピング協会(WADA)は、VF-21のカラーリングがロシアに対する制裁に違反していないか調査しているようだ。

 ドーピング不正に関するデータを国家ぐるみで改ざんしたとして、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は今後2年間、ロシアの選手が主要な世界大会へ参加することを2年間禁止する制裁を決定した。

おすすめのニュース

サイトトップへ