サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【写真】これが全ての引き金に……モナコでクラッシュのルクレール、カメラが捉えたブレーキ破損

ここから本文です
 フェラーリのシャルル・ルクレールは、先日行なわれたモナコ・ヒストリックGPでフェラーリの1974年のF1マシン、『312B3』をドライブ中、スピンしてウォールにヒットしてしまった。そしてこれは本人の証言通り、ブレーキトラブルが原因であることが明らかとなった。

 ルクレールはデモランの3周目、ラスカスに差し掛かった際に体勢を乱し、スピン状態となりながら後ろ向きにウォールに激突。リヤウイングを壊してしまった。再び走り出すことはできたルクレールだったが、メインストレートで白煙を上げながらストップし、マシンを降りた。

おすすめのニュース

サイトトップへ