サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【これが新型グレイスに!?】新型シティ 世界初公開!! 1Lターボ搭載&RSも初設定!!!

ここから本文です

【これが新型グレイスに!?】新型シティ 世界初公開!! 1Lターボ搭載&RSも初設定!!!

 目玉は歴代初設定のスポーティグレード「RS」。新型シティが世界初公開!

 2019年11月25日、ホンダ 新型シティ(日本名:グレイス)がタイにて世界初公開され、同日より発売を開始した。

【10カテゴリーで国産車と比較してみた】 マツダのデザイン 本当にいいの?

 「シティ」という車名に懐かしさを感じる人々も多いだろう。

 かつて一世を風靡したシティは日本で絶版になった後、海外向けモデルの小型セダンとして“復活”。現在のシティは、日本で販売されている「グレイス」と同モデルとなっている。

 タイで「最も売れているホンダ車」でもあるシティは、通算5代目となる新型で、どのような進化を遂げた?

文:ベストカーWeb編集部
写真:HONDA

【画像ギャラリー】懐かしの歴代モデル&新型シティを詳しく見る!

エンジン&ボディも一新! 新型シティが発売開始

新型シティ(タイ仕様)。全長4553×全幅1748×全高1467mmと、従来型に対して若干ながら大型化されている

 顔立ちが“あの車”に似ている!

 現在のシティは、日本仕様のグレイスを見てもわかるとおり、良くも悪くもスッキリした顔立ちのモデルであった。

 そこから雰囲気が一変。世界初公開された新型シティは、シビックに近い印象のシャープな顔つきを持ったフロントマスクを纏ったデザインへと一新された。

 リアデザインも、従来型と比べると伸びやか。よりセダンらしいボディラインになった印象で、実際にサイズも若干ながら拡大されている(後述)。

 新型シティは、2020年2月に日本で発売される新型フィットと同様のプラットフォームを新たに採用。発表段階では詳細スペックこそ明かされていないが、ボディ、エンジンともに一新するフルモデルチェンジとなっている。

従来型よりロー&ワイド化し、伸びやかでスポーティなフォルムを実現した新型シティのリアビュー

 注目のエンジンは、1Lの直列3気筒ターボを新たに採用。これまでの1.5L自然吸気エンジンに替えて、ダウンサイズされたターボエンジンを主力に据えた。

 ホンダの1Lターボエンジンといえば、欧州仕様のシビックなどにも搭載されているが、ベースは同じながら「タイの規制に合わせてチューニングしています」(ホンダ広報部談)とのこと。

 最高出力は122psを発揮し、タイ仕様の公表燃費値はE20(エタノール20%混合のエコガソリン)で23.8km/Lだという。

スポーティグレード「RS」を初設定

新型シティ RS。シティとして歴代初のRSグレード設定となった

 そして、注目のボディサイズは、従来型と比較すると若干大型化しており、全長は約120mm、幅は約55mmそれぞれ拡大され、日本の基準でいえば3ナンバーサイズに。

 一方、全高は約10mm低くなり、全体的にワイド&ロー化。リリースには「スポーティでシャープなエクステリア」と表現されているが、こうした微妙なサイズ変化が、見た目にもスポーティな雰囲気を与えている。

 さて、スポーティといえば、新型シティの目玉は歴代モデルで初となる「RS」の設定。こちらも詳細スペックは明かされていないが、見た目でわかる部分でも、フロントグリル形状が差別化され、よりシャープな佇まいに。

 標準モデルがシビックセダン風なら、RSはシビックハッチバック風味といったアグレッシブなフロントマスクに変わっている。

 取材を進めると、「エンジンそのものは標準モデルと同じ」というが、内外装にわたり、スポーティグレードにふさわしい差別化がなされている。イメージとしては「エンジンはそのままに、足回りやエアロパーツで差別化」している日本の現行型フィット RSに近い。

新型シティ登場で日本のグレイスはどうなる?

現行型グレイス。フィットをベースとし、パワーユニットは1.5Lハイブリッド(i-DCD)を主力に据える5ナンバーセダン

 さて、注目の日本仕様はどうなるのか? 結論から言えば、この新型シティが次期グレイスとして日本発売される可能性はかなり高い。

 冒頭でも書いたとおり、シティはグレイスの車名で日本でも発売されている。現行型モデルは、「フィットアリア」の実質的な後継車として2014年12月に日本発売。発売から間もなく5年が経過する。

 リリースには「新型CITYは、タイ国内での発売を皮切りに、今後他の国でも発売を予定しています」と、日本に関する具体的な言及こそないものの、他国での展開を明言している。

 日本導入を裏付けるひとつの要素が、ホンダの日本におけるラインナップ構成だ。「セダンが少ない」、「N-BOXが売れていて登録車にあまり力を注いでいない」というイメージもある最近のホンダだが、実は国内のセダンラインナップは意外なほど豊富。

 下は小型のグレイスに始まり、シビックセダン、インサイトと続き、アコード、レジェンドと小・中・大型セダンを取り揃える。

 特に最近は、2017年7月にシビックセダンを日本へ“再上陸”させたことに加え、2020年には北米で先行発売しているアコードも日本に新型として導入することを公表済だ。

 こうした戦略を踏まえても、より日本に最適なサイズの新型シティ(グレイス)を導入しないことは考えづらい。

 ただ、2020年は2月の新型フィットに始まり、新型アコード、ホンダeと新型車の登場が相次ぐ。それに現行型のフィット登場からグレイス発売まで約1年のタイムラグがあったことを考えても、新型グレイスの日本発売は2021年になる可能性が高い。

 パワーユニットも、1Lターボエンジンではなく、新型フィット同様の2モーターハイブリッド「e:HEV」を搭載することになるだろう。

 新型フィットから消滅する見込みの「RS」が設定されるか否か含めて、新型シティ改めグレイスの今後に注目だ。

【画像ギャラリー】懐かしの歴代モデル&新型シティを詳しく見る!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します