サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 3メーカーのGT500マシンが集い鈴鹿でメーカーテストがスタート。各車とも空力パーツに変化あり

ここから本文です
 1月25日から、三重県の鈴鹿サーキットでスーパーGT GT500クラスの3メーカーの車両が8台参加し、ニスモ主催のメーカーテストがスタートした。午前、午後2時間ずつのテストでは、2022年から登場するニッサンZ GT500が5台登場したほか、トヨタGRスープラ勢ではTGR TEAM WedsSport BANDOHの19号車、TCD開発車両の90号車が参加。またホンダ勢では、Astemo REAL RACINGの17号車が参加した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン