サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅インタビュー:消化不良に終わったF2予選「4、5番手は十分行けるはずだったので悔しい」

ここから本文です

 2020年シーズン、FIA-F2に昇格しカーリンから開幕戦オーストリアに出場している角田裕毅。フリー走行ではトップタイムを出す速さを見せながらも予選では12番手に沈んでしまった。いったい何が起きたのだろうか?

───────────────────

レッドブル・ホンダ分析:実力差が見えるのは予選か。課題は残るも、F1オーストリアGP初日は「基本的に順調」

──残念な予選になってしまいました。
角田裕毅(以下、角田):フリー走行は順調で、トップを獲ることができました。ペースもすごくよくて、クルマのバランスも悪くなかった。自分の走りに集中できて、いいセッションでした。

おすすめのニュース

サイトトップへ