サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【パルコからラグビーW杯まで】 一世を風靡!? 懐かしのコラボグルマたち

ここから本文です

【パルコからラグビーW杯まで】 一世を風靡!? 懐かしのコラボグルマたち

 最近だと昨年10月、ラグビーW杯の熱狂の最中で発売されたデリカD:5オールブラックス仕様が記憶に新しいものの、考えてみると最近はめっきり話を聞かないかなーという感のある、いわゆる「コラボモデル」。

 その歴史は古く、遡ればダイハツミラとパルコによる「ミラパルコ」(独特の感性によるおそらくはぶっ飛んだ方面のCMも話題だった。ユーチューブで見れます)を始め、世界的なアパレルメーカーやファッションデザイナー山本寛斎とのコラボ、パナソニックをはじめとする日本の錚々たるメーカーが集まって異業種コラボ、そのなかで生み落とされたトヨタ車なんてのもあった。

【2021年の新車に影響大!?】 燃費&騒音規制強化でスポーツカーが消滅危機!!


 そんな他業種とのキャラ立ち(先行!?)コラボグルマたちをご紹介。個人的には「WiLL Vi」のデザイン、とても好きです。

●【画像ギャラリー】商業施設と!? デザイナーと!!? 様々なコラボのなかで産み落とされたクルマたちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年1月のものです
文:ベストカー編集部/車両解説:大音安弘/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号

■ダイハツ ミラパルコ(1985年)

 パルコとのコラボモデル。1985年の初代ミラの限定車より始まる。ドレスアップと装備充実化を図った女性向けモデルだ。写真は2代目。

3代目「ミラ」に特別仕様車として設定されたモデル。女性をターゲットに開発されたミラパルコは、登場するや一躍人気モデルに

■三菱 デボネアV アクアスキュータム(1989年)

 防水性のトレンチコートが有名な英国ロンドンの老舗アパレルブランドとのコラボ。ダンディズム香る大人の内装が自慢。シートの配色が専用仕様となる

デボネアは三菱が1964年から1999年まで製造していた高級セダン。2代目「デボネアV」が(2代目のみ名前にVがつく)コートで有名なイギリスのアパレルブランド「アクアスキュータム」とコラボしたモデルがこれ

■スズキ エスクードヘリーハンセンリミテッド(1989年)

 マリンスポーツを意識し、撥水シートやキャリア、電動シャワーなどを装備。購入者にはへリー・ハンソンのオリジナルブルゾンが、名前入りで贈られた。

防水・防寒服を中心としたノルウェーのスポーツアパレルメーカー「へリー・ハンソン」とのコラボモデル特別限定車。2008年には再びコラボモデルが出され、この時には「SX4」との特別限定車もあった

■スズキ ジムニーKANSAI(1999年)

 ファッションデザイナー山本寛斎が内外装をプロデュース。専用外装色に加え、シートトリムは寛斎のデザイン。後に、2代目エスクードも手掛けた。

ジムニーの特長である「機動性・力強さ」をデザインのテーマに、外観、内装をファッショナブルにアレンジ。砂漠を連想させる専用車体色のウィローグリーン(ごく薄く緑がかったベージュ)が渋い(他にサターンブラックメタリック(黒)が存在)。専用のシート表皮や本革巻きのステアリングホイールなど特別装備多数

■スズキ エスクードオニールリミテッド(2009年)

 世界的なサーフブランドとのコラボ。ロゴ入りの撥水シートや防水ドアトリムなどを装着。専用グリルや18インチアルミなどでドレスアップも図った。

「オニール」は1952年にJack O'Neillによって始められた、カリフォルニアのサーフウェアとサーフボードのブランド。全国600台限定で販売され、電動サンルーフや専用防水シートなどを採用した

■日産 セレナコールマン(2001年)

「コールマン」100周年の企画として誕生。100Vコンセントなどのアウトドアを意識した車両装備を追加。セレナのほか、エルグランドなど複数の車種で展開された。

2002年5月には第2弾も登場した

■トヨタ WiLL Vi(ブイアイ・2001年)

 WiLL(ウィル)は、1999年から2004年にかけて行われた異業種による合同プロジェクト名。花王、トヨタ自動車、アサヒビール、松下電器産業(現パナソニック)、近畿日本ツーリストの5社でスタートし、後にコクヨ、江崎グリコが参入する。

「かぼちゃの馬車」をモチーフにしたデザインが目を引く「WiLL Vi」。Willシリーズの第一弾

■トヨタ WiLL VS(ブイエス・2001年)

 WiLLブランドの第2弾。シリーズとしては唯一カローラの系譜に連なり、エクステリアには現在のキーンルックの流れが見て取れる。

カローラのプラットフォームを採用しエンジンは1.5Lと1.8Lを設定。1.8Lモデルには可変バルブリフト機構を盛り込んだ「2ZZ-GE型スポーツツインカム」も用意された

■トヨタ WiLL サイファ(2002年)

 WiLLシリーズ第3弾。プラットフォームはヴィッツ(初代)と同じものを使用。カーナビを標準装備、現在のカーコネクテッドを先取りしていたが、登場が早すぎたのか、価格が高かったこと、導入されたカーリースプランの採算割れなどもあり早々に撤退、2005年春に販売を打ち切っている。

デザインコンセプトは「ディスプレイ一体型ヘルメット」。トヨタで初めて車載情報通信サービス「G‐BOOK」に対応した車載器を搭載

【番外コラム】キミは知っているか? アパレルブランドとの コラボ車たち

 上でもアクアスキュータムやヘリーハンセンが出てきたが、ほかにもアパレルブランドとコラボしたクルマはたくさんあるので紹介しよう。

 日産のローレルジバンシーバージョン(1982年)、スバルのインプレッサBEAMSエディション(2007年)、スバルのレガシィアウトバックL.L.Beanエディション(2004年)、フォレスターL.L.Beanエディション(2003年)などだ。

 写真は日産のコンセプトカー、インフィニティエッセンス(2009年)。ルイ・ヴィトンとコラボした2ドアクーペ…だったのだがついに発売されなかった。

日産のコンセプトカー、インフィニティエッセンス。2009年のジュネーヴモーターショーで公開された

●【画像ギャラリー】商業施設と!? デザイナーと!!? 様々なコラボのなかで産み落とされたクルマたちをギャラリーでチェック!!!

◎限定記事も配信中! ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します