サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2アブダビテスト最終日:マゼピンがトップタイム。角田裕毅は7番手

ここから本文です

FIA F2アブダビテスト最終日:マゼピンがトップタイム。角田裕毅は7番手

FIA F2アブダビテスト最終日:マゼピンがトップタイム。角田裕毅は7番手

 アブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれたFIA F2のポストシーズンテスト。最終日にトップタイムをマークしたのはニキータ・マゼピン(カーリン)で、タイムは1分50秒473だった。日本勢は角田裕毅(カーリン)が7番手、佐藤万璃音(トライデント)が17番手だった。

 午後のセッションの終盤に突然雨が降ってきたことにより、各チームは最後の予選シミュレーションを断念せざるを得なかった。そのため、ほとんどのドライバーは午前中に記録したタイムがベストタイムとなった。

■レッドブル重鎮ヘルムート・マルコ、2020年の角田裕毅に大きな期待

 トップタイムとなったのは、カーリンのマシンをドライブしたマゼピン。今季ARTグランプリからFIA F2にフル参戦し、ランキング18位に終わったマゼピンだが、今回のテストでは安定して上位につけた。

 2番手はユニ-ヴィルトゥオーシからの2020年シーズン参戦が決定しているカラム・アイロット。3番手には初日、2日目とトップタイムを記録したルイ・デレトラ(チャロウズ)が入った。なお、デレトラが2日目に記録した1分50秒124が今回のテストの最速タイムとなった。

 今季はトライデントからF2に参戦しながらも、資金的な問題もあっていくつかのラウンドを欠場したラルフ・ボシュング。彼はテスト2日目からMPモータースポーツのマシンのステアリングを握った。そして2日目に7番手タイムを記録すると、最終日には4番手につけ、その速さをアピールした。

 5番手には今季スーパーフォーミュラに参戦した元レッドブル育成のダニエル・ティクトゥム(DAMS)、6番手には今季のFIA F3チャンピオンであるロバート・シュバルツマン(プレマ)が入った。

 そして7番手につけたのが角田。1分51秒118を記録し、テスト最終日にして初めてトップ10に名を連ねた。今季終盤にカンポスから参戦した佐藤万璃音(トライデント)は1分51秒899で17番手だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します