サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 顔認証AIでキャッシュレス決済、岐阜市で自動運転バスの実証実験

ここから本文です
トリプルアイズと岐阜市役所、岐阜ダイハツ販売、パナソニック カーエレクトロニクス、Facetyの5者は共同で、顔認証AIを用いた自動運転バスでのキャッシュレス決済の実証実験を10月23日より開始した。

岐阜市は公共交通機関への自動運転技術の導入を目指し、2019年より3年連続で市民参加型の実証実験を実施。今年度は昨年の実験時よりも運転手が操作する機会を減らすことを目標に掲げ、運転席やハンドル、アクセル、ブレーキペダルのない小型バスタイプのフランス製自動運転車両『NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)』を採用する。

おすすめのニュース

サイトトップへ