サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、不振から一転、大差のポール「問題は調査済み。自信を持ってプッシュできた」メルセデス【F1第2戦予選】

ここから本文です

 2020年F1シュタイアーマルクGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンはポールポジションを獲得した。

 ウエットコンディションの予選で、ハミルトンはQ1では1分18秒188でトップ、Q2では1分17秒825でトップ、Q3では1分19秒273をマーク、全セッションで最速だった。予選2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)には1.216秒という大差をつけた。

レッドブル・ホンダ分析:フェルスタッペン対ハミルトンのポール争い。セクター1&2で0.2秒ずつ縮めるも届かず

 金曜はマシンに苦しみ、FP2では6番手に沈んだハミルトンだが、チームが詳細なチェックを行った結果、心配することなく予選に臨むことができたということだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン