サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動車がつまらないなんてウソ! ニスモがイジったノートとリーフの激変っぷりに未来を見た

ここから本文です

いち早く電動車にスポーティ仕様を投入した日産

 電動化への関心が急速に高まるなかで、電気自動車(EV)をいちはやく導入したのが三菱自動車と日産自動車だ。このうち、日産リーフは初代からNISMO仕様が追加され、2代目となる現行リーフもNISMOに加えオーテック仕様の選択肢がある。

「大事なのはバッテリー残量ではなく温度」日本一のフェラーリ遣いが語る「EVレース」の魅力とは?

 日産のハイブリッド車であるe-POWER(イー・パワー)を採用するノートにも、3ナンバー車となるノートオーラにNISMO仕様がある。じつはEVは、そもそもスポーティな乗り味や運転感覚となる素養がある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン