サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 横浜ゴムなど、バイオマスから合成ゴム主原料「ブタジエン」を生成---世界初

ここから本文です
横浜ゴムは4月13日、理化学研究所(理研)、日本ゼオンと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の共同研究により、バイオマス(生物資源)から効率的にブタジエンを生成できる世界初の新技術を開発したと発表した。

ブタジエンは自動車タイヤなどの原料として使われる合成ゴムの主原料として使用されている。現在、ブタジエンはナフサ熱分解の副生成物として工業的に生産されているが、ブタジエン生成技術を確立することで石油への依存度を低減。地球温暖化の原因とされる二酸化炭素削減に貢献できる。

おすすめのニュース

サイトトップへ