サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中古車で味わうゴルフ・カブリオレ【VW GOLF FAN Vol.10】

ここから本文です

中古車で味わうゴルフ・カブリオレ【VW GOLF FAN Vol.10】

※この記事は2006年12月に発売された「VW GOLF FAN Vol.10」から転載されたものです。

IVルック・カブリオレの魅力と正しい中古車の選び方を再検証

FUN! II GOLF この素晴らしいVWゴルフIIをもう一度 Part.2【VW GOLF FAN Vol.10】

VWオープンの歴史を築き上げてきたゴルフ・カブリオ。とりわけ、IVルックを持つ最終型ゴルフ・カブリオレは、完成度も高く、中古車として狙うにも打ってつけの存在だ。ここでは、そのIVルック・カブリオレの魅力を、インプレッションを交えながら再検証。さらに、中古車のプロに「カブリオ」の選び方、魅力を語ってもらう。

ゴルフIIIの味わいとIVのルックスを併せ持つ

こうしてゴルフIII時代から数えて12年、ゴルフI~III時代も入れると26年の歴史を持つゴルフ・カブリオだが、II時代以降のモデルならユーズドカーを手に入れることもそれほど困難ではない。特に最終モデルの「IVのカブリオ」(※後期型。以下、本文ではIVフェイスのモデルはのカブリオレと表記)は特別限定車「カラーコンセプト」が'02年まで販売されていたこともあり、4~5年落ちの程度のいいクルマも少なくない。
今回試乗したカラーコンセプトのユーズドカーも'02年5月登録で走行距離は約3万6500km。フォルクスワーゲンの認定中古車で178万円のプライスが付けられていたが、装備の充実度を考えるとお買い得といえそうだ。

この「ゴルフIVのカブリオレ」は、ゴルフIIIの味わいや扱いやすさを残しながらも、フロント回りをしっかり「IVルック」に仕上げて登場してきたクルマだ。ヘッドライトを4灯にしたぐらいで、あとはずっとベースシルエットを守ったI~II時代のカブリオにも潔さを感じるが、基本ボディとシャシーはそのままで、ここまでフロント回りを上手くIVのカタチに整えた技術というか、フィニッシュデザインにも感心する。今回、改めて実車をじっくり眺めてみて、その感をますます強くした。

まず、幌も開けずに乗り込んで、おずおずとクルマをスタートさせてみたが、オープンボディの実感があまり湧かないほど〝フツーのゴルフ〞だ。歩道のスロープの乗り越えや、舗装状態の良くない道路を走ってもボディのきしみや違和感のある振動もなく、我慢して乗るオープンカーではない。トラックの横を通り過ぎるとき、幌を透過してくる騒音が斜め上から聞こえてくるが、普通の音量で聞いているオーディオの音を妨げることもなく、6層仕上げの幌の遮音効果は最新のオープンカーと比べても遜色はない。
次に幌を開けてオープン・エア・モータリングに浸ってみよう。ハッチバックベースゆえにAピラーが立っているため、前席頭上の開放感はクーペベースのオープンカー以上。センターロールバーも走行中は視界に入ることもないので開放感を妨げることはないし、ふと目に入ったときも頭上にバーがあると逆に安心感を覚える。

さらにウインドーをすべて閉じると「特大サンルーフ車」に乗っているような囲まれ感もあり、交通量が増えて周囲にクルマが詰まってきたときなど、これが意外といい。フルオープン好きの人からは否定的にとらえられることの多いセンターロールバーだが、幅10cm程度のバーは邪魔でもなく、オープンカーに乗り慣れてない人にとっては安心のアイテムともいえる。また、このバーがクローズド時には大きな幌を支え、しっかり頭上空間を確保してくれることも忘れてはならないだろう。

やはりAピラーが立っているせいか風切り音はそれなりだが、風の巻き込みはあまり気にならず、4つのサイドウインドーをしっかり閉めておけば腰回りのヒーターの効きも十分。カラーコンセプトはシートヒーターも標準装備されているので、寒い時期でも快適にオープンエア・モータリングが楽しめる。Iのカブリオの初期型ではたたんだ幌が盛り上がって後方確認しにくく、バックするときに難儀したものが、さすがにIVのカブリオレではそんなこともない。4020mmの全長はポロより10cm長いだけなので、ゴルフIVやVより取り回しは楽だろう。




幌の開閉機構も電動採用の現代レベル

改めてクルマを止めて細部をチェックしてみるが、ユーズドカー特有の経年変化は否めないものの、古臭さを感じさせるような傷みは
見つからない。ブルーとブラックの本革コンビシートは新車時ほどの張りはないが、適度の緩みがかえっていい雰囲気。力を抜いて乗
るにはこの〝こなれ感〞がいいし、ブルーとブラックのコントラストは健在なので、非日常感を演出して欲しいときも不満はないはずだ。

4シーター・オープンの場合、幌自体のボリュームが大きくなるので、どうしても開閉の動作が遅くなるが、試乗車は幌を閉めるときも開けるときも動きに鈍さはなく、何度かやってみたが常に20秒程度で完了。Aピラーからのリリース(開けるとき)と固定(閉じるとき)は幌前端のロックレバーを手動で操作することになるが、結合部にズレもなく調整はほぼ万全。左右のロックを止める時間を足しても開閉に要する時間は1分程度で、これなら開閉動作を面倒に感じることはない。

ただし、幌の作動はエンジンを止めた状態でないとできないようになっており、必ずクルマを止めて一度エンジンを切る必要がある。最新のオープンカーのように、信号待ちや渋滞時に開閉を済ませることはできないわけだ。より安全を重視した設計といえるが、一方でエンジンを止めた状態で電動モーターを動かすことになるのでバッテリーへの負担は少なくない。ユーズドカーの場合は電装関係が弱っていることもあるので、カブリオは特にバッテリーの管理やメンテナンスが欠かせないことも知っておきたい。
また、幌の開閉は電動モーターと油圧を併用したシステムなので、不具合が出た場合はアッセンブリーでの交換が必要になる。もちろんエマージェンシー用の手動開閉機構も備えてはいるが、幌の開閉システムにトラブルが生じるとかなりの出費を覚悟しなければならない。機械的な信頼性では一歩先をいくVW車だが、幌の開閉システムの不具合がないかどうか、購入前にしっかりチェックしておく必要がありそうだ。

幌を開けた状態でしばらく走り続けるときは、見栄えだけでなくホコリの侵入を防ぐためにぜひ幌カバーをかぶせたいが、これも慣れれば数分でピッタリ取り付けできる。ただ、カバーをガイドに沿って押し込んでいく作業が必要となるので、手の小さい女性はちょっと手間に感じるかもしれない。周囲がホコリなどで汚れていることもあるので、薄手の軍手などを使ったほうがいいだろう。

さて、幌の開閉は予想以上にスムーズだった試乗車だが、内装も程度のいい状態が保たれている。樹脂類の傷みも少なくスイッチ類の作動も問題なし。リアシートのバックレストが倒れてトランクスペースを拡大できる隠しワザも持っており、ワイヤーコントロールによるその作動もスムーズ。ボディがしっかり補強されているせいもあるのだろうが、歪みによる開閉部のズレなどが皆無というのは立派だ。そのトランクルームはカタログデータによると270Lと広くはないが実用サイズ。ガスダンパーで支えられたリッドの開閉もスムーズだ。もちろん、単独でロックできるのでオープン時の収納庫としての機能も果たす。

IIIのカブリオがデビューしたときは厚めの樹脂製フェンダーアーチモールをまとい、全幅が1710mmとわずかに小型車サイズを超えて3ナンバー登録となっていたが、IVのカブリオレとして登場したときにフェンダーアーチモールがなくなり、5ナンバーサイズ(全幅1695mm)へ回帰。ゴルフが全車3ナンバーとなったのとは対照的だったが、これもIVフェイス・デザインとのバランスを考えてのこと!?
なお、特別限定車のカラーコンセプトはジャズブルー、ムラノレッド、ブラックの3色が設定され、ともにバンパーやモール、ミラーはボディ同色でまとめられているが、フロントバンパー下端、サイドシル下部は黒い樹脂製となっている。これは路面の段差や縁石に擦ったときでもダメージが大きくならないようにという配慮でもあり、試乗車も下をのぞきこむと擦った形跡が。ただ、樹脂パーツ単体での交換も可能なので、それほどコストをかけずに元に戻すことができるはずだ。

IVフェイスのモデルなら認定中古車も選択肢に

最後にカブリオ各モデルの中古車相場にも触れておきたい。のカブリオはほとんど市場には出回っておらず値もつけられない状況だが、同じボディの後期型(IIルック)のカブリオならまだ探すことができる。価格は50万円程度から200万円以上までまちまちだが、安いものはレストアの素材に、高いクルマは滅多にないプレミアム車と見たほうがいい。

IIIのカブリオとなるとタマ数も増えて、安いものは40万円台、上限でも85万円程度と手に入れやすい。やや年数が経っているのでメンテ費用がそれなりに必要になってくるが、程度のいいクルマを探すことも可能だ。そして一番タマ数の多いIVのカブリオレは100万円を切るあたりから、かなり程度がいいクルマで200万円といったところ。IVならここで取り上げた試乗車のように保証付きの認定中古車も選択肢に入ってくるので、オープンカーを買うのは初めてという人にもオススメだ。

【INTERVIEW】プロに聞く認定中古車で選ぶカブリオレ

現在は中古車市場で探すほかないゴルフ・カブリオ。普通のゴルフと比べてタマ数が少ない分、選択肢が限られるのは確かだが、VW認定中古車であればより程度のいいカブリオに巡り会うチャンスは多くなる。そこで、フォルクスワーゲン認定中古車を扱うフォルクスワーゲンあざみ野ユーズドカーセンター店長割石淳一さんに、中古車におけるゴルフ・カブリオの選び方、ポイント、魅力などを語って頂いた。

カブリオは「一物一価」じっくり探す根気が大事

いまやユーズドカーでないと手に入らないゴルフ・カブリオ。ゴルフI~IIの時代のクルマは探すのさえ難しい状況にあり、現実的な選択となるとIIIおよびIVの時代のカブリオとなる。できれば保証のしっかりした正規ディーラーの認定中古車を選びたいところだが、そのあたりの状況を現場のプロにうかがってみよう。
「カブリオに関しては新車販売台数が少なかったため、市場に出回っている中古車も多くありません。認定中古車で扱うとなるとIIIのカブリオ以降となりますが、I~IIの時代のクラシックラインなどと違って、IIIは日常の足として使われることが多かったので、中古車となったときにコンディションのいいクルマが少なかったんですね。そんな理由で、認定中古車として扱えるIIIのカブリオはほとんど見
当たらない状況です」

フォルクスワーゲンあざみ野 ユーズドカーセンター 店長 割石淳一氏

フォルクスワーゲンあざみ野・ユーズドカーセンターの割石淳一店長はこう語るが、それではIVのカブリオなら大丈夫だろうか?
「IVのカブリオレの、特に本革コンビシートなどを標準装備した『カラーコンセプト』は大事に乗っていらしたお客さまが多いですね。そういう意味ではのクラシックライン的な位置づけといってもいいですし、認定中古車として扱えるクルマもあります。ただ、台数は限られていますし、色もほとんどがジャズブルーとなります」
なお、フォルクスワーゲン正規ディーラーの認定中古車は、新車登録から10年以内、走行距離10万km以内の正規ディーラーものという規定があり、保証期間も1年間走行距離無制限と長い。それだけに扱うユーズドカーは程度のいいものに限られるが、輸入車が初めてのユーザーでも、安心して購入できるメリットがある。
「認定中古車の場合は問題ありませんが、最新のIVのカブリオレでも購入するときは必ず幌の作動と傷み具合をチェックしてください。それとエアコン、パワーウインドー、ドアミラーなどのモーター作動部分は必ず何度か動かしてみることですね。シートの汚れやタイヤの減りなどは後でどうでもなりますが、特に幌の作動はディーラーが修理などのノウハウをちゃんと持っているかどうか見る基準となります。もし、不具合があるようなら、直してもらうことを条件に交渉したほうがいいでしょう。幌の修理はかなりコストがかかりますし、確実に直してもらえるなら、下手な値引きよりずっと有意義な交渉となるはずです」

カブリオを買うときの要チェックポイントは幌と電動部分ということになるが、エンジンやミッションなどは大丈夫なのだろうか?
「IVのカブリオレといってもベースはですから、クルマ自体は『IIIの最終型』ともいえます。それだけに完成度は高いですから、エンジンやミッションに関しては認定中古車なら問題はありません。ただ、乗ってみないと分からない部分もありますので、悪い部分を探すだけでなく、良さを見つけるためにも必ず試乗してみてください。ただのゴルフIIIやIVと違ってハンドメイドで作られている部分もありますし、それを見つけていく楽しさもあります。カブリオは趣味性の高いクルマですから、古物を味わうというか、古着を探すようなつもりで、ガツガツしないで時間をかけて探したいですね。最初はネットで検索したとしても、買うとなったら実際に展示場を回ってクルマに触れながら、ゆっくりと自分に合ったものを探すことをオススメします」

フォルクスワーゲン認定中古車なら完全整備と保証だけでなく、万一のトラブルのときの出張サービスや帰宅および宿泊費用のサービスなど(金額に上限あり)も付帯してくるので、クルマに詳しくない人でも心配はない。安心してカブリオで『非日常』をいつでもどこでも満喫できるわけだ。
「それと、いいクルマを見つけたいなら、営業マンと仲良くなることですね。中古車は『一物一価』で1台1台歴史がありますし、それをよく知っている営業マンならきっといいクルマを見つけてくれるはずです。ゆっくり探していけば、必ず『これだ!』というクルマと出会えるはずですよ」
ユーズドカー好きにとっては実に心強いコトバだが、今回試乗したカラーコンセプトも'02年式(走行3万6500km)の認定中古車で178万円でいうのは、決して高くない値付けだ。同条件の'01年モデルなら160万円程度になるというが、それ以上安く売っている場合は要注意とのこと。これを目安にカブリオを探しに行こう。

フォルクスワーゲン あざみ野ユーズドカーセンター 50台の認定中古車が展示され、ボディカラーや仕様の違いを比較しながら検討するには最適。東急田園都市線のあざみの駅から1kmほどの閑静な住宅街に位置し、落ち着いてクルマを眺めることができる。

〒225-0011
横浜市青葉区あざみ野4-2-20
TEL:045-904-4848
営業時間: 9:30-19:30 定休日: 水曜日

カブリオ中古車相場価格

認定中古車に限らず相場全体を眺めると、ゴルフIカブリオはほとんど存在せず、あってもレストア車やチューニングカー。

ゴルフIカブリオ(前期型)
ほとんど見つからず IIの世代に入ると40万円台から見つかるが程度は「?」で、レストアの素材といった感じ。一方、年数は経っているが走行距離の少ないクラシックラインは完全なプレミアム価格で200万円を超える。

ゴルフIカブリオ(後期型) 50万円~200万円 III~IVのカブリオとなると台数はぐっと増えて選択肢も広がり、IIIのブラック&シルバーなど限定車も出回っているが、幌の調子などは要チェックとなることを忘れないように。

ゴルフIIIカブリオ(前期型) 40万円~85万円 IVルックは100万円以下も出てきているが、カラーコンセプトは150万円以上が相場となる。

ゴルフIIIカブリオ(後期型/IVルック) 95万円~200万円 取材協力=フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン
フォルクスワーゲン湘南藤沢認定中古車センター
フォルクスワーゲンあざみ野ユーズドカーセンター

リポート:田畑 修/フォト:宮門秀行

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します