サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン、2022年は熾烈な開発競争を予想「”ツール”は減ったが、できることはいくらでもある」

ここから本文です
 F1は、マシンが生む乱流を削減し、より緊密なレースを生むことを期待し、2022年に新たな技術レギュレーションを導入する。一方で、最初の数シーズンはチーム間の差が大きくなるのではないかと懸念している。

 マクラーレンのテクニカルディレクターであるジェームス・キーは、チームが新しいパッケージを使いこなすために、2022年はかなり開発が必要なことを認めている。また、どこかのチームが”真のゲームチェンジャー”となるような要素を発見する可能性も否定しておらず、各チームが本当に接近するには1年かかるかもしれないと言う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン