サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1メカ解説|メルセデス、レッドブル、ルノーが開幕戦に持ち込んだアップデートを解説

ここから本文です

 F1チームは、毎戦のようにマシンにアップデートを施し、少しでもパフォーマンスを向上させようと日々勤しんでいる。今回はメルセデス、レッドブル、ルノーがオーストリアに持ち込んだアップデートを見てみよう。

■メルセデスのリヤウイング翼端板

■アロンソがF1に帰ってくる! ルノーと2021年のドライバー契約締結へ、早ければ今日にも発表?

 メルセデスはW11のリヤウイング翼端版を変更してきた。吊り下げられた3枚のストレーキは、以前よりも前方で気流を捕まえるため、より長くなっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ