サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > クビサ、アルファロメオF1のリザーブドライバーに就任。ポーランド企業がタイトルスポンサーに

ここから本文です

 2020年1月1日、アルファロメオ・レーシングは、ロバート・クビサがリザーブドライバーに就任したことを発表した。

 またクビサの個人スポンサーを務めるポーランドのエネルギー企業『PKNオーレン』がアルファロメオ・レーシングと複数年契約を締結し、アルファロメオとともにチームのタイトルスポンサーとなった。2020年シーズンより、チーム名は『アルファロメオ・レーシング・オーレン』となる。

クビサがアルファロメオF1の開発ドライバーに就任か。交渉が進行中との報道

 2006年にBMWザウバーのサードドライバーに就任したクビサは、ジャック・ビルヌーブの欠場により第13戦ハンガリーGPでF1デビューを果たした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン