サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レブル1100の登場でシリーズ4万台が視野! VMAX1200を思い出すスポーティな走り

ここから本文です
 以前、レブル250の売れ行きが好調な理由をレポートした同シリーズに2021年からレブル1100が加わった。これで250(海外では300が主)、500、1100とシリーズが拡大し、世界での販売台数は年間4万台も視野に入る。

 この数字はドゥカティの年間販売台数4万8000台(2020年)と比べても分かる通り、2輪の単一ブランドとしてはかなり大きな存在。「レブル」がひとつのジャンルになりそうな勢いが数字からも分かるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン