サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 輝きを取り戻せるか。ウイリアムズF1、2020年シーズンに向け”健全”な予算を確保

ここから本文です

 2019年シーズン、コンストラクターズランキング10位に終わったウイリアムズ。いくつかの既存スポンサーとの契約も終了したものの、2020年シーズンに向けて健全な額の予算が準備できているという。

 ウイリアムズの2019年用マシンFW42は、グリッドで最も遅いマシンであり、ロバート・クビサが波乱のレースとなったドイツGPで1ポイントを獲得するのがやっとだった。

■ウイリアムズ、2020年はクラッシュテスト一発合格。復活の兆し?

 また、ウイリアムズはシーズン終了後に長年のスポンサーだったユニリーバを失った。さらにクビサが離脱したことにより、ポーランドの石油会社であるPKNオーレンもチームへの支援を終了した。

おすすめのニュース

サイトトップへ