サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 優先道路じゃない! まれに見かける交差点内にある「破線」の意味とは

ここから本文です

 法的な義務のない「法定外表示」に該当する

 数こそ少ないものの、まれに見かけるのが、交差点内に引かれた破線。一旦停止は実線だし、標識や路面に「とまれ」の指示がある。破線の場合はなにもなく、ただ線が引かれているだけなのがポイントだ。

【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

 なにを示しているかというと、クルマが左右方向から来て、歩行者が渡るのを待つ場合に、ここで待つという目印。目印なので、法的な義務はなく、法定外表示と呼ばれるものだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン