サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見た目も乗り味も、とにかく硬派! 昭和のDOHCエンジン搭載FR車3選

ここから本文です

■1980年前後に登場したDOHC+FRの高性能モデルを振り返る

 今では軽自動車からミニバンまで、DOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)エンジンは当たり前のように搭載されています。一方、1960年代から1970年代では、DOHCエンジンは高性能車の証であり、特別な存在でした。

350馬力の「マツダ3」発表! 見るからに早そうなモンスターマシンとは

 当時、レーシングカーのテクノロジーを市販車にフィードバックしたかたちで登場したDOHCエンジンですが、1974年には排出ガス規制の強化から一旦は激減。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン