サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ ピクシス ジョイの乗り心地はいかに!?

ここから本文です

トヨタ ピクシス ジョイの乗り心地はいかに!?

今回は、トヨタ 初代ピクシス ジョイの乗り心地について紹介します。初代ピクシス ジョイは軽自動車規格の乗用車で、全高1,600mmという絶妙なサイズ感と軽自動車ならではの取り回しのしやすさを特徴としています。軽規格というハンディを感じされることなく高い乗り心地が実現されており、長距離ドライブでも少ない疲労感で快適に過ごすことができます。ここではボディやサスペンション・シートなど様々な側面から、初代ピクシス ジョイの乗り心地を具体的に掘り下げていきましょう。

トヨタ 初代ピクシス ジョイってどんな車?

トヨタ 2代目ピクシス エポックは支払総額162万円!?実際に見積もり取ってみた!

トヨタ 初代ピクシス ジョイは、ダイハツ キャストのOEM版として2016年に登場しました。エンブレム以外はキャストと共通のつくりで、軽トールワゴンながら、ダイハツ ミラジーノにも通じるレトロ調の雰囲気ももちあわせた都会的なデザインを特徴としています。
初代ピクシス ジョイは乗用車としての快適性を追求し、振動の吸収や静粛性など様々な側面から乗り心地の向上に努めています。
ボディやサスペンションなどの走行性能アップにもつながるハード面と、直接肌に触れるシートという側面から、乗り心地アップのための特徴を詳しく見ていきましょう。

トヨタ 初代ピクシス ジョイの乗り心地を高める工夫

軽自動車は全般的に、どうしてもマンホールをはじめとした段差を越える際の突き上げ感や振動が避けられません。しかしトヨタ 初代ピクシスジョイは、極力振動を感じさせないつくりになっています。
具体的に工夫されている点を、ボディとサスペンションの両面から見ていきましょう。
初代ピクシス ジョイのボディには、軽量高剛性のモノコック構造が採用されています。高いボディ剛性が優れた操縦性と乗り心地につなげるとともに。軽量のボディが低燃費を実現させています。またトンネル、シート取付骨格、サスペンションメンバーの高剛性化により、高い静粛性を確保しています。
次に初代ピクシス ジョイのサスペンションには、どのような特徴があるのでしょうか。
初代ピクシス ジョイのサスペンション方式は、フロントにはマクファーソン・ストラット式が採用されています。リアサスペンションは駆動方式により使い分けがされており、2WD(2輪駆動)仕様のモデルにはトーションビーム式が、4WD(4輪駆動)仕様のモデルには3リンク式のサスペンションが用いられています。
フロント・リアとも軽自動車で多く使われているサスペンション方式ですが、サスペンションの特性見直しと剛性アップなど、乗り心地をアップさせるためのチューニングが施されているので、無駄なステアリング操作を少なくするとともに、運転時のストレスを軽減する工夫がなされています。

トヨタ 初代ピクシス バンの乗り心地を左右するシートの特徴は?

トヨタ 初代ピクシス ジョイは乗用車として、乗り心地を左右するシートにもこだわっています。その特徴のひとつとしては肩周りにボリュームをもたせている点があり、身体のサポート性に優れ座りやすいというメリットをもちます。
またリアシート(後席)の座り心地も優れており、軽自動車を感じさせないつくりになっています。座面が前上がりになっているため太もも裏に座面が密着しやすく、長距離ドライブ時の疲労感の少なさにつながっています。
シート素材としては、「Gターボ“SAIII”プライムコレクション」及び「G“SAIII”プライムコレクション」の両モデルでレザー調の素材が、それ以外のグレードではフルファブリック表皮のシートが採用されています。
いずれも低コストながら本革のような高い質感を感じさせるもので、特にフルファブリックのシートは伸縮性がある点・素材の特性上滑りにくいというメリットがあります。
またリアシートに、初代ピクシス ジョイをより快適に乗りこなすための機能も充実しています。
左右のリアシートにはそれぞれ240mmのスライド機能やリクライニング機能がついており、リアシートの乗員が自分にあったポジションがとれるため、より快適な車内空間がつくれます。またシートバックは分割可倒式になっており、乗車人数や荷物の量にあわせてアレンジすることも可能です。
「Gターボ“SAIII”プライムコレクション」と「G“SAIII”プライムコレクション」に標準装備され、他のグレードにはメーカーオプションで設定されるものにフロントのシートヒーターがあります。座面を温めておくことができるため、特にレザー調のシートに座る際や冬場に重宝します。

トヨタ 初代ピクシス ジョイは乗用車として高い乗り心地を実現させるため、ボディ構造やサスペンション型式に工夫がなされています。単に振動が少ないだけでなく、操縦性にも優れているため、安全な運転操作が結果として高い乗り心地につながっています。
初代ピクシス ジョイの製造を行っているのは、トヨタの子会社であるダイハツです。両社がそれぞれの高い開発技術を活かすことで、より乗り心地のいい車づくりを追求しているのです。初代ピクシス ジョイのオーナーになったときや試乗する際には、そんなことも頭に入れておけばまた違った形で初代ピクシス ジョイの運転が楽しめるでしょう。
※ 2020年11月現在

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します