サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP:ウエットコンディションの初日はミラーが総合トップ。クアルタラロは18番手に沈む

ここから本文です
 10月22日、MotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行1回目、2回目がミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリで行われ、MotoGPクラスはジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が初日総合トップタイムを記録した。チャンピオン獲得がかかるファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)は、ウエットコンディションに苦戦して総合16番手。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は総合23番手だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ