サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台

ここから本文です

内外装のクオリティが高く走りにも期待

フォルクスワーゲンの新しいコンセプトモデルが久しぶりに登場した。その名も“フォルクスワーゲン T-Cross(ティークロス)”同社のSUVシリーズの中で末っ子にあたるモデルである。

フォルクスワーゲン T-Crossのカタログはこちら

他社の同クラスコンパクトSUVと比べても、全長は短く全幅も小さいが、見る限り存在感は十分にある。塗装の具合も国産車と比べると重厚感がある。

このことからフォルクスワーゲンは、エントリーモデルにも手を抜かないメーカーであるといえよう。

ドアを開けて見ると、内装の出来が非常に良い。外装同様の高いクオリティで乗員をもてなす。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン