サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:GAINER、2020年も2台のニッサンGT-RニスモGT3で王座狙う。10号車は車名変更

ここから本文です

スーパーGT:GAINER、2020年も2台のニッサンGT-RニスモGT3で王座狙う。10号車は車名変更

スーパーGT:GAINER、2020年も2台のニッサンGT-RニスモGT3で王座狙う。10号車は車名変更

 2月16日、ニッサン/ニスモは神奈川県横浜市にある日産自動車グローバル本社ギャラリーで『日産モータースポーツファンイベント』を開催し、2020年にニッサンGT-RニスモGT3でスーパーGT GT300クラスに参戦するGT3オフィシャルパートナーチームを発表した。2020年に3勝を挙げたGAINERは、これに合わせ2020年の体制を発表した。

 GT300クラスのトップチームのひとつであるGAINERは、2018年からニッサンGT-RニスモGT3のGT3オフィシャルパートナーチームとして、2台のGT-Rで参戦。2019年はGAINER TANAX GT-Rが第2戦富士、第8戦もてぎで優勝。GAINER TANAX triple a GT-Rが第4戦タイで優勝を飾るなど、チーム通算3勝を挙げた。

スーパーGT:GT300はニッサンGT-RニスモGT3が5台参戦。3台のドライバーも発表

 2020年に向けてGAINERは、11号車が平中克幸/安田裕信、10号車が星野一樹/石川京侍というコンビをキープ。タイヤは11号車がダンロップ、10号車がヨコハマと、こちらも2019年と同じ体制を維持する。

 一方で10号車については、新たにITOCHU ENEXのサポートが加わることになり、車名も『GAINER TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R』というものに改められた。ITOCHU ENEXとIMPULの繋がりからくる車名のようだ。

 GAINERでは、「どちらの車両も充分にチャンピオンを狙える体制です」としており、両マシンともにタイトルを狙っていく。今季もライバルにとっては手強い体制と言えそうだ。

GAINER 2020年スーパーGT参戦体制
#11 GAINER TANAX GT-R
メインスポンサー:TANAX
ドライバー:平中克幸/安田裕信
タイヤ:ダンロップ
ホイール:ワーク
エンジンチューナー:ニスモ
オイル:モチュール
ブレーキ:制動屋
ウェア:ペナルティ
チーム代表・監督:藤井一三
チーフエンジニア:福田洋介
チーフメカニック:松田整
レースクイーン:GAINER sucre/Phis/KOSEI CHAPTER

#10 GAINER TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R
メインスポンサー:TANAX/ITOCHU ENEX
ドライバー:星野一樹/石川京侍
タイヤ:ヨコハマ
ホイール:ワーク
エンジンチューナー:ニスモ
オイル:モチュール
ブレーキ:エンドレス
ウェア:ペナルティ
チーム代表・監督:藤井一三
チーフエンジニア:小笠原康介
チーフメカニック:小暮聡
レースクイーン:GAINER sucre/Phis/ITOCHU ENEX IMPUL LADY

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します