サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > チームCB’s CB900F(ホンダCB900F)/全身ブルー化が限りなく進められたメタリック改 #Heritage&Legends

ここから本文です

チームCB’s CB900F(ホンダCB900F)/全身ブルー化が限りなく進められたメタリック改 #Heritage&Legends

エンジンチューンも終え、ブルー化もさらに進む
まさに全身ブルー。

外装はブルーめっきにキャンディカラーのスペンサーパターン、これに合わせるように各部ハードパーツもブルーで仕立てたホンダCB900FC。

開発者に聞いた、ヤマハ「セロー250 ファイナルエディション」

車両自体は2000年代前半にカスタムが始められていて、このところは市本ホンダ・市本さんによってアップデートを重ねてきた。

ブルー度はその都度増してきて、’18年には外装に加えてエンジンまわりと排気系、リヤショックが現仕様になった。その時に次は……という話が出ていてそれが現実となったのが、この仕様だ。

エンジンも900Fのノーマルから「キャリロコンロッドやスペシャルヘッドを組んだ、ヤバいくらいの仕様」(市本さん)に変わり、フレームも再塗装。そしてルックス上は、ダイマグHセクションホイールがブラックから、車両各部に合わせたブルーになっている。

改めて見ていけば、リヤサススプリングに前後キャリパー(アルマイト加工)、ステップバーにチェーンアジャスターブロック、シリンダーヘッドカバーにキャブレタートップとスピゴット、ジェネレーター&パルサーカバー、ハンドルバーにエンドや各部ステーまで、可能な限りブルー。

ブレーキラインのバンジョーもブルー。ディスクやエンジンカバーボルトなどの青いボルトはチタンと、手間だけでなくコストも惜しまれていない……と考えてしまうほどだ。

その他の部分はゴールドのフォークアウターやタンデムステップバー、アクセント的に配されたレッドパーツがラインに合わせた色となってバランスを取った感じ。

ちょうど撮影後に新エンジンの慣らしが進んだところだそうで、仕上がりには製作者・市本さんも自信あり、オーナーも満喫しているところ。市本さんからは「油温計よりも油圧計を付けて油圧管理した方がいいですよ」ともアドバイスしてくれるが、弱点対策や内部パーツ表面処理など、CB-Fへの最新・お勧め内容も含めて長年CB-Fを扱うチューナーからの言葉ゆえ、注目しておきたい。

ところでこのCB-F(市本さん的には「ブルーメタルスペシャル」と表現)、これで一応の完成形らしいが、ここまでくれば確かにそう思える。

とは言えそれで終わらないのもまたカスタムの世界。もしまた今後進化することがあれば、誌面で紹介してみたい。そう思わせてくれる1台でもある。

Detailed Description 詳細説明
取材協力:市本ホンダモータース(Team CB's)
記事協力:ヘリテイジ&レジェンズ
カスタムとメンテナンスのことならおまかせ!
Heritage&Legendsが取材した、いま話題のザ・グッドルッキン・バイク
月刊『ヘリテイジ&レジェンズ』最新号情報

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します