サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【光岡 バディ】和製アメリカンレトロSUVが日常を彩る“相棒”になる[詳細画像]

ここから本文です

光岡自動車として初のSUVモデルとして登場した『バディ』。「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」を開発コンセプトに置き、トヨタ『RAV4』をベースに1980年代のアメリカンビンテージなデザインを落とし込んだことが大きな反響を呼んだ。

ボディサイズは全長4730×全幅1865×全高1685mmとなっている。

同社の50周年記念車『ロックスター』に続く「アメリカンビンテージ×日本車」の組み合わせとなるバディ。一番に目を引く角の立ったフロントグリルやLEDヘッドランプを始めオールドアメリカンテイストで仕上げられたエクステリア。

おすすめのニュース

サイトトップへ