サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【スカイラインは存続も】あっても売れない国産セダン かつての「主役」なぜ危機?

ここから本文です

「スカイライン開発中止」公式に否定も……

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)

【画像】かつてのセダンの名門【今、日産で買えるセダンは?】 全43枚

editor:Taro Ueno(上野太朗)

「スカイラインの開発を中止」という報道が、2021年6月12日に流れた。

日産は即座に否定したが、スカイラインを始めとするセダンの売れ行きが下がっていることは事実だ。

1990年頃までのセダンは、乗用車販売の主役だったが、今は国内の新車販売台数に占める割合は7%程度だ。販売比率が最も高いのは38%を占める軽自動車で、次は25%のコンパクトカーになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ