サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルF1代表「2020年には現実的にタイトルを狙える」ホンダの貢献が大きいと称賛

ここから本文です

レッドブルF1代表「2020年には現実的にタイトルを狙える」ホンダの貢献が大きいと称賛

レッドブルF1代表「2020年には現実的にタイトルを狙える」ホンダの貢献が大きいと称賛

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2020年にはライバルたちとタイトルを争うチャンスが本格的に訪れると考えている。それを可能にした大きな要素はホンダのパワーユニット(PU/エンジン)であると、ホーナーは言う。

 今週、ホーナーは、2020年のドライバーであるマックス・フェルスタッペンおよびアレクサンダー・アルボンとともに、今年最初のインタビューイベントに出席した。

F1チャンピオンを目指すアルボン、2020年型『レッドブルRB16』に大きな期待「シミュレーターではいい感触」

「今年はタイトル争いに加わることができると思うか」という問いに対し、ホーナーは、F1レギュレーションがほとんど変わらず、2019年と同じドライバーラインアップで戦うことで、昨シーズンのいい流れを維持することができると、ポジティブな考えを示した。
 2019年、レッドブル・ホンダは3勝を挙げてF1コンストラクターズ選手権3位を獲得した。

「今年は、この5、6年のなかで初めて、レギュレーションが(ほとんど)変わらない。それによって、ライバルたちに戦いを挑む現実的なチャンスを手にすることになると考えている」とホーナー。

「昨年のレッスンは(2019年型)RB15 から(2020年型)RB16へと生かされる。チーム内の体制にも変化はないし、昨年後半には勢いをつけることができたので、今年は非常にいい状態にあり、ライバルたちに力強く挑戦していけると思う」

 ホーナーは、ホンダとの2年目にはさらにいい結果を出すことができると自信を持っている。

「我々にとって、チャレンジに取り掛かることを可能にする大きな要素は、パワーユニットだ。ホンダは競争力の高いパートナーであり、極めてモチベーションが高い」

「2019年にホンダはとてもいい仕事をした。投入したすべてのバージョンがパフォーマンスとパワーの向上をもたらした。我々はメルセデスにかなり近づきつつあると感じる」
「それによって、チームのシャシーサイドが適切なシャシーを作り出すことが一層重要になっている」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します