サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TDレース後会見:中盤までトップを走行しながらも為す術なく2位「速さも戦略も改善の必要がある」

ここから本文です
 スタート直後に首位を奪取しながら、マックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダは今回も勝つことができなかった。2021年F1第4戦スペインGPの戦いぶりについてホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、「ルイス・ハミルトンとメルセデスの総力を上げた戦闘力と戦略が、レッドブル・ホンダを上回っていた」と総括した。

 その口調はいつもどおり穏やかなものだったが、「為す術なく抜かれて2位という結果でした」というコメントには無念さが滲み出ていた。序盤4戦を終えて1勝3敗。タイトルへの道のりが予想以上に険しいことを思い知らされた1戦だったのかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン