サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 世界のEV事情 主要9か国をざっくり比較 日本は充電器が余っている? 海外との違いは

ここから本文です

EV普及をどのように促進しているのか

EVのみの新車販売を目指す国がある一方で、ガソリンやディーゼル車に依存している国もあり、またその中間に位置する国も数多くある。

<span>【画像】世界で注目?アジア発のEV【中国・韓国のEVモデル5選】 全119枚</span>

英AUTOCAR編集部は、9つの市場の政策、計画、インフラを調査し、主要国のアプローチの違いを調べた。その結果は以下の通り。

オランダ

補助金:4万5000ユーロ(約580万円)以下の新車EVには4000ユーロ(約50万円)、中古EVには2000ユーロ(約25万円)の補助金を支給。

インフラ:公的充電器約7万5000基、民間充電器約18万基(7月現在)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン