サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > サインツ、F1モナコGPでの2位は「キャリアのなかで一番うれしくない表彰台だった」と明かす

ここから本文です
 フェラーリのカルロス・サインツは2021年に初めてモナコで表彰台を獲得した。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)についで2位でフィニッシュしたが、今振り返ると、それは彼のキャリアにおいて“一番うれしくないトップ3フィニッシュ”だったと認めた。

 サインツはモナコで好調なパフォーマンスを見せ、予選4番手となった。しかし、ポールポジションを獲得したチームメイトのシャルル・ルクレールがドライブシャフトのトラブルでレース直前に出場を諦めるという衝撃の出来事によって、サインツは3番手からレースをスタートすることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン