サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 事故現場では謝ったら負け 北米レクサスの事故アプリでは「誰も非を認めないで!」とアドバイス

ここから本文です

■アメリカらしい一面が意外なところに

 レクサスがアメリカのオーナー向けに、レクサス・アプリ内で事故対応する「コリジョンアシスタンス」というメニューをリースした。これはアメリカのCCCインテリジェント・ソリューションズ社と共同開発したもので、レクサスだけでなくトヨタ・アプリ内でも同様のメニューが追加されている。

7000万円超えの和製スーパーカー レクサス「LFA」 超ド派手カラーが実はあった!

 そもそもアメリカにおけるレクサス・アプリ(2018年モデル以降が対象)は、いわゆるデジタルキーの役割を担い、スマホ経由で車両の鍵を開閉させたり、エンジンをスタートさせたり、停車位置を地図上に表示するという優れものである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン