サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、現状PUにトラブルの兆候は見られず「運が悪かったとしか……問題は解決出来たと思う」

ここから本文です

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1第17戦アメリカGPで今季6基目となるICE(内燃エンジン)を導入。5グリッド降格ペナルティを受け、9番グリッドから決勝レースに臨んだが、6位まで挽回するのが精一杯だった。

 ボッタスは第14戦イタリアGPでパワーユニット(PU)を一式交換し、シーズン最初のPU交換によるグリッド降格ペナルティを受けた。しかしボッタスは第15戦ロシアGP、第17戦アメリカGPでも相次いでICEを交換。4レースで3度のペナルティを受けた。

■レッドブル・ホンダ優位に? メルセデスのパワーユニットが信頼性の問題に悩まされるのは「珍しいこと」

 アメリカGP後、ボッタスは「(ペナルティは)これで終わりにしたい」と語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ