サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 目指すは1000馬力オーバー! スバル「インプレッサ WRX STI」にV12エンジンを移植するカスタムカーがやばそう

ここから本文です

 スバルの代表的な車種である「インプレッサ」に、V12エンジンを移植したカスタムカーが登場して、海外で注目を集めています。目指すは1000馬力オーバー!

 カスタムカーのベースになっているのは、インプレッサの中でも特に高性能なグレード「WRX STI」。そのままでもサーキットで通用するような特別な車種ですが、カスタムを手がける「1lowrx」は、そのWRX STIに強力なV12エンジンを移植しました。

一家に一台、ほしいかも! 「インプレッサ WRX STI」モチーフのスバリスト仕様「エアコン」がめちゃくちゃカッコイイ

 移植したエンジンは、トヨタ「センチュリー」に搭載されていた1GZ-FE V12エンジン。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ