サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイブリッドがあるからいい? 日本メーカーが「EV」に対して「消極的」に見えるワケ

ここから本文です

 電動化が流行なのに日本市場にEVが少ない

 ついに日本でも表面化した、クルマの電動化の義務化。

世界的な電動車の促進には「きな臭い」裏事情が見え隠れ! 日本メーカーの「高効率エンジン」が標的になる可能性も

 一部メディアでは、「電動化=EV(電気自動車)」という解釈をされてもおかしくないような報道があり、自動車業界がざわついた。トヨタの豊田章男社長が日本自動車工業会会長の立場として、電動車にはハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、EV、燃料電池車などさまざまな種類があることを、改めて報道陣向けにアピールし、より正確な報道を要望するといった場面もあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ