サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 前2輪、後1輪のLMWで快適な乗り心地が楽しめるヤマハ「TRICITY 125」

ここから本文です

前2輪、後1輪のLMWで快適な乗り心地が楽しめるヤマハ「TRICITY 125」

<H2>ヤマハ『TRICITY 125』42万3500円~

前2輪、後ろ1輪のLMW(リーニング・マルチ・ホール)テクノロジーを採用。傾けてコーナリングするという2輪車ならではの爽快感を備えながら、前輪を2輪とすることで、前輪のスリップによる転倒リスクを低減し、ブレーキング時にも高い安定性を発揮。段差などでの安定感や良好な乗り心地など、メリットは多い。LED照明付きシート下トランクや12VのDCジャック内蔵のフロントトランクなど、コミューターとしての利便性も高い。

睨みの効いたヘッドライト、躍動感あふれるテールデザイン、MotoGPマシンを彷彿させるヤマハ「YZF-R3/YZF-R25」

前2輪のLMWは、パラレログラムリンクと片持ちテレスコピックサスペンションを備える。車体をナチュラルに傾けさせながらも、濡れたマンホールや砂まじりの道路など、路面状況の影響を受けにくいほか、急制動時も安定感が高い。

水冷SOHC4バルブエンジンは、アルミ鍛造ピストン&オールアルミ製ダイキャストシリンダー、可変バルブ機構の採用などにより、走りの楽しさと燃費・環境性能を高次元で両立。高速道路を走れる155ccもラインナップ。

ヤマハ『TRICITY 125』

文/木村公一
※記事中のデータなどは2019年12月現在のものです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します