サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車の所有は面倒なことばかり!? 車の維持に必要なこと5選

ここから本文です

車の所有は面倒なことばかり!? 車の維持に必要なこと5選

■クルマの維持は意外とタイヘン!?

 クルマを所有していると定期的にやらなければいけないことがあります。

【写真】衝撃! 2万kmオイル交換せず破損したエンジン内部

 面倒だと思いながらも避けてはとおれない項目がいくつもあり、手間だけでなく高い費用を伴うこともあります。

 そこで、クルマを維持するうえで面倒に思うことを5つピックアップしてみました。

●車検

 一般的な自家用の乗用車では、新車の場合は初回が3年、それ以降は2年ごとに、保安基準に適合しているかを確認する「車検」を受けることが必要です。

 車検とは、登録済みのクルマの「自動車検査証(車検証)」記載の有効期限を延長させる継続検査のことを指します。

 内容としてはクルマを公道で走行させるための必要最低限の検査項目が、保安基準に適合しているかを確認する「24か月定期点検」作業であり、車検にパスしたからといって不具合が発生していないとは限りません。

 クルマを車検に合格する水準に保つ責任は車両の使用者にありますが、整備をディーラーや整備工場に依頼することが一般的で、当然、整備費用がかかります。

 また、継続検査を受ける際には、点検整備の費用以外に、自賠責保険料とクルマの車両重量ごとに定められている「自動車重量税」、印紙代などの法定費用が必要です。

 クルマの安全性を維持するために必要な車検ですが、少しでも費用を抑えたいという人は、面倒でもユーザー車検にチャレンジするという手もあります。

 点検整備についての高いスキルは要求されないのですが、整備は自己責任ということと、車検を受ける陸運支局が平日のみの対応なので、仕事や学校を休む必要があるため、ユーザー車検はまだまだ少数派です。

 なお、日本の中古車は海外にくらべて状態が良いといわれますが、その理由は車検制度も関係しているようです。車検の時に、本来は点検項目と関係ないはずの消耗品や油脂類が交換され、ちゃんとメンテナンスされているからです。

●自動車税の支払い

 日本では毎年4月1日時点でのクルマの所有者に「自動車税」の納税義務が発生します。自動車税は地方税で、クルマの排気量等に応じて、登録した地域を管轄する自動車税事務所(軽自動車は市区町村)から税納税通知書が送付され、5月中に支払うのが一般的です。

 かつては納付書を金融機関に持っていって支払うか、自動車税事務所に直接支払いに行くしかありませんでしたが、現在は支払う場所や方法が多様化しています。

 現金支払いのほか、ネット上で「Pay-easy」(ペイジー)での支払い、地域によってはクレジットカード払いやインターネットバンキングを利用した電子納付も可能となっています。

 一部の方法は手数料がかかることもあるため、納税通知書が届くと金融機関やコンビニエンスストアで支払う人が多く、毎年のことながら面倒であることに間違いはありません。

 しかし、自動車税を納めないと継続車検が受けられないだけでなく、延滞金が発生したり、悪質な滞納者に対しては財産の差し押さえなどの措置が取られることもあるので、くれぐれも支払いを忘れないようにしましょう。

 なお、日本の自動車税は海外に比べて極めて高額とされていますが、実際にクルマを所有して乗ることで発生する自動車税以外の費用までを加えた総額でみると、欧州と大差はないともいわれています。

●任意保険の更新

 日本では公道を走行するクルマやオートバイに「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」の加入が、法律によって義務づけられています。

 これは運行中の交通事故により人を死傷させた場合に、車両の運行者が被った賠償額を担保する対人賠償保険で、物損事故などには適用されません。

 そのため、最低限の救済が目的で、限度額がある自賠責保険では補償の範囲が不十分となることもあります。また、ドライバー自身のけがには適用されないことから、足りない部分を契約範囲内で補うために、任意で加入するのが「任意保険」です。

 補償内容は、対人賠償時の賠償額無制限は以前からありましたが、最近では賠償額の高額化により、対物賠償についても無制限としたものが一般的となっています。

 補償の充実に伴って支払う保険料も高くなりますが、ゴール免許割引や先進安全装備搭載車によるASV割引、エコカー割引など、保険料が安くなる制度や、年間の走行距離によっても割引される保険会社もあります。

 保険契約の更新は、かつては書面でのみおこなわれており、郵送もしくは代理店との対面が必須でした。現在ではインターネットで加入だけでなく更新手続きができる保険会社もあるので、昔ほどは面倒ではなくなっています。

■面倒でも自分でやるとわかることとは!?

●オイル交換(油脂類の交換)

 クルマを維持していくなかで必要な整備に、エンジンオイルなどの油脂類の交換があります。

 一般的にオイル交換というとエンジンオイルの交換を指すことが多いのですが、トランスミッションオイル(AT車ではオートマチックトランスミッションフルード・ATF)、FRや4WDではデフオイルもあります。

 これらの液体は金属の磨耗や発熱を軽減させたり、防錆防蝕のために利用されていますが、クルマが走行することによる発熱で非常に高温となることから、劣化の度合いによって交換が必要です。

 エンジンオイルの交換時期は、以前は車種に関係なく走行距離、もしくは前回に交換してからの期間で管理されていました。

 近年のクルマの場合は、設計どおりの作動を担保するために、油脂類の交換時期や種類(銘柄)が厳密に指定されている場合もあります。

 とくに高性能車の場合はメーカー純正の油脂類が、推奨ではなく指定されているケースもあり、社外品を使ってしまうと、トラブルにつながることもあるようです。

 技術的な進歩によって、クルマのメンテナンスフリー化が進んでいますが、油脂類はクルマの血液のようなものなので、面倒でも定期的な交換をおすすめします。

●洗車(室内清掃)

 クルマを所有していると、とても面倒なのが洗車です。汚れているクルマで走ってはいけないという決まりはありませんが、視界不良を起こすほどガラスが汚れている場合や、ナンバープレートの識別に支障があるほど汚れている場合は、走行が禁止されています。

 洗車はガソリンスタンドなどに設置されている洗車機を利用するのが手軽ですが、フロントグリルや、バンパー、ボンネット、ドアパネルの隙間、ホイールのなかなどの汚れは落としきれないので、一部は手洗いが必要です。

 一方で、定期的な洗車でボディがきれいになっているクルマでも、室内の清掃がおろそかになっている例は少なくありません。

 靴に付着した土や小石がフロアマットを汚したり、喫煙者が煙草の灰を落としたままにしていたり、食べこぼしがシートに入り込んでいるなど、クルマの室内は想像よりも汚れています。

 また、ガラスの内側が汚れていると曇りやすくなったり、対向車のヘッドライトで突然視界不良に陥ることもあるので、ガラスは清潔に保つようにし、洗車した際には室内にも気を使って清掃をおこないましょう。

 冬はとくに洗車が辛くなるので、お金を払ってガソリンスタンドや専門業者に依頼しがちですが、自分で洗車をおこなうことでボディやタイヤの状態が確認できるので、ぜひトライしてみてください。

※ ※ ※

 クルマを所有するには多くの手間と多額のお金がかかり、運転することには責任も伴います。それでも、自分の好きな時に好きな場所に、自由に行くことができるのは、クルマを所有することの最大の魅力ではないでしょうか。

 クルマを維持するためには面倒に思ってしまうこともありますが、安全に走るために必要なことばかりなので、きちんと対応することを心がけましょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します