サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フレームにエンジンが載ってワクワクが止まらない! “週刊 ワイルド・スピード ダッジ・チャージャー R/T”を作ろう Vol.8

ここから本文です

フレームにエンジンが載ってワクワクが止まらない! “週刊 ワイルド・スピード ダッジ・チャージャー R/T”を作ろう Vol.8

テレビでよく流れているデアゴスティーニのCM。これまでF-1や往年の名車をラインナップしてきたことから、そのCMを目にする度に、触手がピクッと反応してしまうクルマ好きも多いことでしょう。ただそこで気になるのは、「本当に完成できるのか?」「いったいいくら掛かるのか?」ということ。そこで、MOTA編集部の命を受けたこのわたくしが、人柱となって「週刊 ワイルド・スピード ダッジ・チャージャー R/T」の完成を目指します!

俳優たちが受けた特別なドライビングスクールとは

リアル過ぎるエンジン製作にテンション爆上がり! “週刊 ワイルド・スピード ダッジ・チャージャー R/T”を作ろう Vol.7

ワイルド・スピードシリーズの真骨頂と言えば、ド派手で迫力満点のノンストップカーアクションでしょう。第1作ではロサンゼルスの街中を、第3作ではなんと東京(一部合成とのことですがそれもそれでスゴイ…。)をカスタムされたチューニングカーが激走します。

そして、通常こういった激しいカーアクションを撮影する場合、プロのスタントマンがハンドルを握るものですが、ワイルド・スピードの凄いところは、実際の俳優たちが本当にドリフトしていること!

18号の冊子では、ミア・トレットを演じるジョーダナ・ブリュースターをはじめ、ヴィン・ディーゼルやポール・ウォーカーが撮影前に行ったというドライビングスクールの様子について書かれており、実に興味深い内容になっています。ちなみに、さぞ何か月も地獄の特訓を積んだのかと思ったら、本誌には「何週間か前」とあり、その期間であれだけのカーアクションがこなせるようになったのは本当に驚きです。

滑らかなパイプの曲げ具合に“萌え”

さて、18号の組み立てに移っていきましょう。18号の内容はというと「左側エキゾーストパイプを組み立てる」。ハイ地味です。(笑)

ただ、やはりここでもこだわりの部品構成となっていて、エキゾーストパイプとブラケットが別になっていることで、かなりリアリティのあるディテール。

バラバラの向きになってしまうパイプを揃えるのは、地味に苦労しましたが、なんとも言えないパイプの曲げはかなりの萌えポイントです。

観客を魅了するのはアクションだけにあらず

エンターテイメントが人々を魅了する理由は、人の感情を大きく揺さぶるからにほかなりません。ド派手なカーアクションが「動」であるなら、ドムが家族に対する思いを語る場面は「静」。この「動」と「静」のコントラストがハッキリしていることが、ワイルド・スピードシリーズをここまで人気作品にした秘訣でしょう。

白煙を上げながらのドリフト、激しいクラッシュ、ときに車が空を飛び巨大金庫だって引きずり回す!そんな激しいシーンだけじゃなく、友情や家族との絆について語らうという真逆のシーンがあることで、観客の心は大きく揺さぶられ、どんどんワイルド・スピードの世界観に引き込まれていくのです。

強盗を繰り返し、最終的には国際指名手配犯にまでなってしまう少々(?)ヤンチャなドムが、いかに仲間を自分の家族として大切にし、最優先にしてきたのか。

19号の冊子では、物語で描かれている登場人物たちの心の動きについて紹介されており、ますます、2021年に公開が延期された最新作「ワイルド・スピード ジェットブレイク」への期待が高まります。

内容は全号とほぼ同じ…。でもついにエンジンをドッキング!

そんなワクワクを抱えたまま、19号の組み立てへ取り掛かります。19号の内容は「右側エキゾーストパイプを組み立てる」です。

………って、まさかの18号とほとんど同じ!もちろん部品構成も左右の向きが違うだけで全く同じ!

これは間違いなくライター泣かせと言うか、1週間待ってこれはさすがに無いでしょうと思ったのはここだけの話です。

ですが、よく見ると付属しているネジの数が多く、今回は以前組み立てたフロントフレームとエンジンをついにドッキングします!

エキゾーストパイプの組み立ては18号と同じなのでサクッと割愛。ワクワクしながら、フロントフレームにエンジンを載せていきます。

エンジンとフレームを繋ぐのは4つのエンジンマウントで、それぞれをネジで止めるのですが、「週刊 ワイルド・スピード ダッジ・チャージャー R/T」が実車に忠実だとするなら、この巨大でハイパワーなエンジンを支えるにはあまりにも貧弱です。

少々地味な存在のエンジンマウントですが、実は車の乗り心地や質感を大きく左右するとても大事なパーツ。車を開発するときには、エンジンマウントの取付位置や個数、素材、重さなどとにかくこだわって設計されます。

そうなると、やはりこのエンジンにこのエンジンマウントは、現代の車の感覚からすればかなり貧弱で、エンジンのパワーやレスポンスが緩慢になっても仕方がないとも思えるほど。故に、この時代のアメ車が持つ独特の大味なドライブフィールはこういったところにも要因があるのかもしれませんね。

あなたもMOTA編集部と一緒にゴールを目指してみませんか?

奇しくも組み立て内容がほとんど同じという事態に見舞われながらも、相変わらずの凝ったディテールと、フロントフレームに載せたことで、結果大満足できる内容でした。

次の20号では「ステアリングギヤハウジングを組み立てる」という、これまたマニアックで面白そうな内容ですので、次回もどうぞお楽しみに!

[筆者:増田真吾]

ここまで購入した場合の金額

創刊号~10号小計:17,230円

11号:1,859円

12号:1,859円

13号:1,859円

14号:1,859円

15号:1,859円

16号:1,859円

17号:1,859円

18号:1,859円

19号:1,859円

合計:33,961円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します