サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > “バイエルンの野獣”BMW X5M 改良新型、ついに最終コンポーネント装着

ここから本文です

BMWは現在、ミドルサイズSUV『X5』の改良新型を開発しているが、その最強モデルである『X5M』最新のプロトタイプをカメラが捉えた。

初代X5(E53型)は2000年に発売された。ハードコアとなるピュア「M」モデルは2007年に登場した第2世代(E70型)に初設定。2013年の第3世代では設定されず、第4世代(G05型)となる現行型で復活。これが初の大幅改良となる。

改良新型プロトタイプは、今年4月にも目撃されているが、その時は現行型のテストミュールだった。しかし今回は刷新されたコンポーネントを初装着しての登場だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ