サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型GR86/BRZはMTとATでキャラが違い過ぎる件。MTは鋭いガツン系、ATは伸びる高回転系!?

ここから本文です

新型GR86/BRZはMTとATでキャラが違い過ぎる件。MTは鋭いガツン系、ATは伸びる高回転系!?

GR86とBRZはセッティングの方向性が大きく違っている

トヨタとスバルが共同開発するスポーツカー「GR86/BRZ」のプロトタイプの試乗会が袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されました。

>>現行型86のおすすめグレードやユーザーの評価を見てみる

今回、GR86とBRZはプラットフォームこそキャリーオーバーながら、メカニズムは大きく進化しています。目立つところでは、エンジンが2.4Lに排気量アップ、さらにAT車にはスバルの先進安全機能「アイサイト」が備わりました。ボディも軽量化のためにエンジンフード、フロントフェンダー、ルーフがアルミ素材となっています。

GR86とBRZでセッティングの方向性が大きく違うのも新型の特徴で、エンジン制御はアクセル開度マップのプログラムや過渡特性が異なり、サスペンションもバネレートからして異なっています。タイヤを支えるフロント・ハウジングというパーツがGR86は鋳鉄製、BRZではアルミ製と完全に異なるなど、それぞれが独自の進化を遂げています。

全開の発進加速でガツンとする鋭いダッシュが味わえるMT

今回のサーキット試乗ではGR86のMTとAT、BRZのMTとAT、4台のプロトタイプに乗ることができました。その細かい違いについては別の機会にお伝えするとして、まずお伝えしたいのは「新型GR86/BRZはMTとATでキャラ感が違い過ぎる!」ということ。とくに全開加速のフィーリングは新しい2.4L自然吸気エンジンの異なる表情を見せ、その違いは数字でも確認できるのです。

具体的は、MTの全開加速はクラッチ操作をガツンとつなぐことで鋭いダッシュができます。そのときの加速Gは車両に搭載されているGモニターの表示によると1.0Gに達します。しかし、ATの場合はスポーツモードを選んだとしても0.5Gをちょっと超える程度に収まっています。

もちろん、これは1速でエンジン回転をあげてクラッチをつなぐといった発進操作をしたときの話で、2速以上での走行ではATとさほど変わらない0.5G程度の加速性能となります。

中回転域以上ではATの気持ちよさが明らかに上回っている!

これだけ聞くとATのほうが遅く感じると思うかもしれませんが、そうではありません。新型GR86/BRZはボアアップ(ピストンのストロークを伸ばすのではなく、シリンダーの内径を大きくする)によって2.0→2.4L化しているので、排気量を上げてもショートストローク型は変わらず、7000rpmオーバーまで一気に回ります。

とくに5000rpmを超えてからのシュンと回転が上昇するフィーリングは、スポーツユニットとして専用開発されたからこそ実現した太い吸気ポート(吸気の通り道)の恩恵ともいえるもので、いまどきの環境エンジンでは、まず味わえないもの。

その中回転域からレブリミット近くまでの回転上昇の気持ちよさに着目すると、実はMTよりATが明らかに上回ります。2.4L化で太くなったトルクの余裕をうまく引き出している感覚で、加えてATのギア比がややハイギアードで、そのぶん高回転域での伸びを感じる時間が長くなっているのも、そうした印象を強めています。

スポーツクーペの世界が好きならATにも試乗しておこう

MTはガツンとした発進加速、ATは息の長い加速と、どちらも排気量アップした新型エンジンの持つキャラクターであることには間違いないのですが、真逆の特性が引き出されているといえるでしょう。

極論ですが、ショートストロークエンジンのスポーツ要素を求めているならばMT、大排気量エンジンのGT的なテイストを味わいたいならばATが適しているといえます。スポーツカーならMTという雰囲気もありますが、求めている世界によってはATを選んだほうが幸せになれると感じました。とくにスポーツクーペ的なテイストを味わいたいユーザーは、ATのスポーツモードも試乗することをお忘れなく!

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)
写真:市 健治

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します