サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 実用化を急ぐ「自動運転バス」 過疎の暮らしを豊かにする救世主となるか

ここから本文です

ドライバー不足の問題解消にも貢献

 「自動運転」は世界各国の自動車メーカーが技術開発に注力している未来のテーマだ。当然、日本でも国を挙げてのルール作りや普及を後押しする動きが本格化している。

高齢者ドライバーの安全対策! 70歳以上の「免許更新時」に必須の高齢者講習

 経済産業省と国土交通省では、物流や福祉、旅客などいろいろな業種をつなげた自動運転サービスの実証実験を全国で行なっている。これは、サービスの実現に必要な法整備や資金面で国が後押しするためだ。地域限定ではあるものの、2017年には全国13箇所で実証実験を行ない、2018年は16箇所、2019年は15箇所で実施した。

おすすめのニュース

サイトトップへ