サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > リカルド、F1の不満を語るも「やるべきことは最高のチームで最高の装備を得ること」と前向き

ここから本文です

リカルド、F1の不満を語るも「やるべきことは最高のチームで最高の装備を得ること」と前向き

リカルド、F1の不満を語るも「やるべきことは最高のチームで最高の装備を得ること」と前向き

 ルノーのダニエル・リカルドは、ドライバー以外の他の仕事をしようとは思っていないが、現在のF1のある一面について、他のドライバーと同じように残念に感じていることがあるという。

 7度のグランプリ優勝経験者であるリカルドは、F1のなかでも最も人気のあるドライバーだ。話題となったレッドブルからルノーへの移籍を果たし、中団グループに降格しても、リカルドの満面の微笑みはその魅力を失っていない。

【動画】ルノーF1の新ペア、リカルド&オコンが合流

「僕はオーストラリアで太陽の下で育った。そうしたことが性格を少しハッピーなものにしたと思うよ」とリカルドは自身が絶えず陽気であることについて、『The Daily Show』のトークショーホストであるトレバー・ノアに語った。

「僕は夢に見ていた仕事をしている。時にはそのことを思いださなければいけない。懸命に競争をしてそのことにとらわれていると、忘れてしまうんだ。全体的な視点のようなものをね」

「これは僕の夢の仕事なんだ。僕はマシンで走るために世界中を旅しているけれど、素晴らしいものだよ。あちこちに変化があるんだ」

 しかしながら、F1に情熱を持つリカルドでも、当然ながら不満を抱いている事実がある。それはF1ではいまだに誰が最速のマシンを得ているかということが、大きく影響するということだ。

「僕が選んだ仕事のなかで、気に入らないことといえばおそらくその部分だ」

「残念ながら、テニスみたいにはいかない。テニスではなんでもラケットのせいにできないからね。F1はマシンが大きく影響する。でもそういうスポーツなんだ。だからやるべきことは、最高のチームに入って、最高の装備を得ることだ」

「マニュファクチャラー同士が技術戦争をしているようなものだ。クレイジーなことだけれど、でも20人のなかのひとりとしてグリッドに並ぶのは、間違いなくそれだけでもひとつの成果だよ」

「でもその後には最高のドライバーになって、トップになりたいと思うようになるんだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します