サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポルトガルGPでクビアトのシートベルトが“外れて”いた? FIAは調査の結果「問題なし」と判断

ここから本文です

 10月にアルガルヴェ・サーキットで行なわれたF1第12戦ポルトガルGP。このレースにおける車載映像が公開されているが、その中でダニール・クビアト(アルファタウリ)がチームに対して「シートベルトが外れている」と訴える場面があった。

 クビアトは最後のピットストップを終えた後、「またベルトが外れた」と報告。「これは安全ではない」とチームに訴えたが、彼は残り10周をそのまま走り切るよう指示された。

■クレーン車がコース上にある中でセッション開始。「許されざるミス」とベッテル

 レース中のシートベルトの問題が報告されるのは、今季2度目である。8月に行なわれたスペインGPでは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が同様のアクシデントに見舞われている。

おすすめのニュース

サイトトップへ