サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 独アウディ、eトロンを技術改良 航続25km延長 エクステリアも変更 価格は据え置き

ここから本文です

アウディ初のEV ドイツでアップデート

アウディ初の電気自動車のeトロン。今回、そのSUV車である「eトロン55クアトロ」がアップデートされた。

【画像】eトロン改良前後で比較 クーペ版も 全76枚

ブレーキシステムとドライブトレインの改良により、1回の充電で436km走行可能(WLTPテストサイクル)。

ライバルのメルセデス・ベンツEQCに32km以上の差をつけた。改良前と比較すると25km伸びた形だ。

今回のアップグレードは、今年11月初めにロサンゼルスで発表。「eトロン・スポーツバック」をベースに施された。回生ブレーキと冷却システムの改良が大きな特徴の1つだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ