サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【比較試乗】「BMW M5コンペティション vs メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」掟破りのハイパフォーマンス!

ここから本文です

【比較試乗】「BMW M5コンペティション vs メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」掟破りのハイパフォーマンス!

ハイパフォーマンスセダンの「M5」をベースに、さらに走行性能を磨き上げたのが「M5コンペティション」だ。M社が長年培ってきた独自の技術を惜しみなく投入してきた最新モデルは、一体どのような世界に導いてくれるのか? ここではライバルとの比較を通じ、そのキャラクターを明確にしてみる。

ツインターボエンジンで強烈な加速を生む

F1気分を味わえる!? メルセデスAMGペトロナス仕様のゲーミングチェアが発売

ハイパワー競争の先にあるのは4WD化だろう。FR駆動には確かに魅力が多いが、操縦安定性を考えたら受け持てるパワーには限界がある。4WDの市場はアウディが先行しているが、そこにいよいよメルセデス・ベンツとBMWが本格参入した。もちろん両社ともこれまでに4WDがなかったわけではないが、4WDという駆動方式を積極的に使ってメルセデス・ベンツらしい、あるいはBMWらしいスポーツセダンを作ったのは、これが初めてといえるのではないだろうか。

そんな完成度の高さを感じさせたのがメルセデスAMG GT 4ドアクーペとBMW M5コンペティションだ。
搭載するエンジンは、M5コンペティションが、4.4L V8ツインターボで、最高出力625ps/5600-6700rpm、最大トルク750Nm/1800-5600を発揮する。4輪を駆動するのはMモデル専用4WDシステムのM xDriveで、組み合わせるトランスミッションは8速ATとなる。

このエンジンについて補足しておくと、ターボはツインパワーターボと表記されているが、Vバンク内に2個のターボを備えたツインターボエンジンで、加速は当然強烈。吹け上がりも軽く、精巧な回転感と共に鋭く吹け上がっていく切れ味のいい印象。ただしシビアさとか過剰な鋭さはない。かなり穏やかな方向にセットアップされている。
実はこのエンジン特性こそがM5コンペティションを扱いやすいものにしている。メルセデスAMG GT 4ドアクーペは4L V8ツインターボを搭載して最高出力639ps/5500-6500rpm、最大トルク900Nm/2500-4500rpmを発揮する。トランスミッションは9速AT。全力の加速性能は言うまでもなく豪快で常軌を逸した速さがある。なにしろ2.1トン超のボディをわずか3.2秒で100km/hまで加速させるのだから、その膂力は尋常ではない。

ただ、そのエンジンフィールは野蛮で乱暴なのかというとまったくその逆で、丁寧なアクセル操作を心掛ける限りは従順だ。何よりアクセル操作に対する応答が比較的穏やかなので、操作に気を遣わなくていい。
前述の通りこの2台で特徴的なのが4WDであることだ。いずれもトランスファー部に多板クラッチを用いた4WDシステムで、0:100-50:50の範囲で駆動配分する。といっても、試乗した印象だと0:100の状態にある時はほとんどないようだ。

GT 4ドアクーペに乗って驚いたのがその乗り易さだ。以前試乗した2ドアのメルセデスAMG GTの印象からすると、かなり荒っぽい乗り味を想像していたのだが、キャラクターはむしろ逆。マイルドでジェントルな味付けだった。

その理由としてあげられるのが、ダンパーのセッティングだ。これまでメルセデス・ベンツはバンプ側が硬くリバンプ側がソフトな減衰セッティングだった。ところがGT 4ドアクーペは一般的なセッティングであるバンプがソフトでリバンプが硬いダンパーセッティングになっているのだ。荷重がかかったタイヤが沈むためスムーズに荷重移動が行え、グリップの限界近いところでのコントロール性が格段に良くなっている。4WDのセッティングは、ドシッとした安定感があることから考えて、比較的フロント側にも駆動トルクを配分しているのではないかと思う。ワインディングロードでは、例えば40:60あたりを基本にターンインでフロントの駆動トルクを少なくするといった制御をしているのではないだろうか。荷重移動がスムーズに行えるため、タックインによるリアのスライドの誘発も驚くほど簡単だ。4WDなので、コーナー立ち上がりでパワーをかけていくとスライドは収まる方向に制御されるが……。
ちなみに、4マチック+にはドリフトモードと呼ばれる2WD(FR)モードが設定されている。今回試すことができなかったが、4WDの挙動から類推すると、これもかなり扱いやすそうだ。

スポーツ濃度が高いM5コンペティション

一方のM5コンペティションは、スタンダードモデルのM5に比べ10%バネレートが高く、乗り心地はかなり引き締まった印象。快適エレガントな走りも可能なGT4ドアクーペと比べるとスポーツ濃度がかなり高い。

操縦性はステアリングの効きの良いシャープな味付けで、ターンイン時のノーズの動きも軽く、4WDとは思えない軽快さでノーズが向きを変えてくれる。しかも旋回中のバランスが素晴らしくいい。ただし、これはスポーツディファレンシャルの左右トルクベクタリングも少なからず効果を発揮しているはず。さらに挙動に違和感のないところが巧みなところだ。4WDの駆動配分のプログラムも、フロントタイヤの旋回グリップ力をより発揮させるセッティングになっているのだろう。

4WDモードは、「ノーマル」「スポーツ」「スポーツ+」があり、「ノーマル」はやや落ちついた操縦感覚。たとえて言えば前後駆動力配分が40:60くらいの印象。逆に「スポーツ+」はシャープな印象で、前後駆動配分が後輪寄り。20:80とか30:70くらいを基本にしているような感覚がある。多板クラッチ式のトランスファーなので、駆動トルク配分が固定されることはないのだが、あくまでもそんな感触ということだ。

加えて、アクセルオフでコーナーにアプローチするときには、フロントの駆動配分がぐっと少なくなっているようで、ステアリングの効きがよくBMWらしいステアリングのクリアなフィーリングまで味付けされている。

そして、2WDモードを選べば完全にFRになる。しかもこのセッティングが絶品なのだ。トラクション性能よりもコントロール性の重心を高めているようで、滑り出しの穏やかさ、スライドの収めやすさが抜群にいい。2WDで自由自在のスライドコントロールが楽しめる。

かつては安心安全の操縦性を持つメルセデス・ベンツに対し、精巧・正確な操縦性のBMWという図式があった。いま両社のクルマづくりは、それほど対極的ではなくなったように思えるが、今回究極のスポーツセダンともいえる2台をじっくり試乗して、やはり安定性重視のメルセデス・ベンツ、シャープで正確な操縦性のBMWのスタンスが変わっていないことがよく分かった。

ただし、GT 4ドアクーペはよりドライバーの意思を反映しながら走れる感覚が増し、M5コンペティションは過剰な緊張を覚えることなく走れるようになっている。4WD化によって圧倒的な安定性を得たことで、持てるパワーを存分に発揮できるようになった。
その結果、600psオーバーのハイパフォーマンススポーツに、コントロールする楽しさを作り出すことに成功したのだ。

【Specification】BMW M5 COMPETITION
■全長×全幅×全高=4965×1905×1480mm
■ホイールベース=2980mm
■車両重量=195kg
■エンジン種類/排気量=V8DOHC32V+ツインターボ/4394cc
■最高出力=625ps(460kW)/6000rpm
■最大トルク=750Nm(76.5kg-m)/1800-5860rpm
■トランスミッション=8速AT
■サスペンション(F:R)=Wウイッシュボーン:マルチリンク
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤサイズ(F:R)=275/35ZR20:285/35R20
■車両本体価格(税込)=18,580,000円

お問い合わせ
BMWジャパン 0120-269-437

 

【Specification】MERCEDES-AMG GT63 S 4MATIC+

■全長×全幅×全高=5054×1953×1447mm
■ホイールベース=2951mm
■車両重量=2150kg
■エンジン種類/排気量=V8DOHC32V+ツインターボ/3982cc
■最高出力=639ps(470kW)/5500-6500rpm
■最大トルク=900Nm(91.8kg-m)/2500-4500rpm
■トランスミッション=9速AT
■サスペンション(F:R)=4リンク:マルチリンク
■ブレーキ=前後Vディスク
■タイヤサイズ(F:R)=265/40R20:295/35R20
■車両本体価格(税込)=23,970,000円






お問い合わせ
メルセデス・ベンツ日本 0120-190-610

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します