サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1第13戦無線レビュー(2)】「どうしてピットインしたんだ」最速ラップをめぐってボッタスとチームが対立

ここから本文です

 2021年F1第13戦オランダGPの決勝レースでは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンによる優勝争いが繰り広げられた。レース後半を迎えると、角田裕毅にはパワーユニットのトラブルが発生。終盤にはバルテリ・ボッタスがチームの指示を無視してファステストラップを狙っていった。そんなオランダGPを無線とともに振り返る。

────────────────────

2位ハミルトン「戦略の失敗がなくても、フェルスタッペンに勝つのは難しかった」メルセデス/F1第13戦決勝

 レース20周目から21周目にかけて、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が次々にピットイン。バルテリ・ボッタス(メルセデス)が首位に浮上した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン